FORSOMEONEがアメリカのシューズブランド「OOFOS®(ウーフォス)」とのコラボレーションサンダルを発売 アウトドアにもマッチするファッション性の高いサンダルが誕生

FORSOMEONE(フォーサムワン)は、リカバリーシューズのパイオニアとして生まれた、アメリカ マサチューセッツ州生まれのシューズブランドOOFOS®(ウーフォス)とのコラボレーションサンダルを、7月17日より、FORSOMEONE FLAGSHIP STOREとFORSOMEONE ONLINE STOREにて発売中。2018年に始動したブランドFORSOMEONEは、今回が初のシューズブランドとのコラボレーション。2021年春夏は特に、自然やアウトドアと融合するようなコレクションを見せてきたFORSOMEONEは、今コラボレーションで、アウトドアにもマッチして、ファッション性が高く、履き心地の良いサンダルを誕生させた。OOFOS®製品に使われている特殊素材OOfoamは、衝撃の反発を37%抑えることができ、着地による足裏への衝撃を軽減することが可能とされており、膝、腰、背中にかかる負担を軽減でき、足を優しく包み込み、土踏まずをしっかりサポート。ブラックのサンダル地に、さりげなくプリントされたFORSOMEONEブランドロゴと、OOFOSのロゴが今コラボレーションを象徴している。CREATIVE DIRECTORの小川哲史は、アーティストや映画のコスチュームデザイナーとして活動しながら、2018年にFORSOMEONEを立ち上げた。2018年A/Wコレクションより本格始動し、2020年S/Sコレクションをパリにて展示会形式で発表。2020A/W、東京ファッションウィークにて初のランウェイを開催。青年期より欧米の服飾文化や音楽・ストリートカルチャーに傾倒し、グラフィックデザインや建築設計などを経て、独学で服飾デザインを学び、国内外ブランドの企画に従事。20代中盤よりアーティスト「EXILE」の衣装デザイナーとして活動を始め、その後、LDH JAPANの興行の衣装部門を統括し、子会社のLDHアパレルの代表に就任し、エンターテイメントと連動した独自のファッション事業を展開する。衣装デザイナーとして表現者達の為に服を作り続けて来た経験を糧に活動するブランドとして、誰かの為に=FORSOMEONEと命名。この夏の様々なコーディネートに、「FORSOMEONE × OOFOS」コラボサンダルを合わせてみては。

■FORSOMEONE × OOFOS SANDAL

2021年7月17日よりFORSOMEONE FLAGSHIP STOREとFORSOMEONE ONLINE STOREにて発売中 / サイズ:23~28cm(1cm刻みの展開) ¥8,500(税込)

お問い合わせ:EDSTRÖM OFFICE(エドストローム オフィス) / TEL 03-6427-5901

https://forsomeone.jp