モンクレール ジーニアス 2021が藤原ヒロシの手掛ける「7 MONCLER FRGMT HIROSHI FUJIWARA」を発売 俳優の山下智久を起用したショートフィルムも公開

MONCLER GENIUS 2021(モンクレール ジーニアス 2021)より、藤原ヒロシの手掛ける「7 MONCLER FRGMT HIROSHI FUJIWARA(7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ)」が登場。モンクレールの一部の国内ブティックやオフィシャルECサイト、主要セレクトショップにて7月8日より発売された。発売を記念して、俳優の山下智久を起用したショートフィルムも公開された。今回の「7 MONCLER FRGMT HIROSHI FUJIWARA」では、シーズン端境期に照準を当てた軽快なアイテムを展開。メンズウェアではボンバージャケットやダウンジャケット、ワークジャケット、デザイナーのストリートウェアのヘリテージを受け継いだ多彩なアウターウェア、そして洗練されたデザインのジャージートップスやニット、バミューダショーツ、トラウザーなどを提案。ウィメンズウェアでは、キルティングのスカートや、上半身にキルティングを施したワンピース、そしてメンズワードローブのシェイプを取り入れたアウターウェアが登場した。セキュリティーパッチや、モンクレールのヴィンテージラベルから考案された新しいロゴが、大胆かつ控えめにアイテムを特徴づけている。オーガニックコットンを使用したパフィーなホワイトアノラックは、サステナブルな素材のみで作られており、キルティング ジャケットは100%リサイクルナイロンのエレメントや、リサイクルされた真鍮製スナップボタンによって装飾されている。ジャケットの背面にセットされた“WORLD OF MONCLER”という今季のスローガンは、正面から見ても、逆さまにしても、どのような視点からでも、頭文字の“WOM”を同じように読むことができる。これは、モンクレールとの取り組みの中で藤原が一貫してきたことを反映している。そして、ODDJOBがディレクションを努め、ナイトライフを表現したショートフィルムを制作。俳優の山下智久がダイナミックなモノクロームで再現されたクラブライフに身を投じ、1970年代後半のUK 2 トーンシーンのグラフィックデザインの美学や藤原ヒロシが制作した音楽に合わせて撮影。藤原ヒロシは、WOM(WORLD OF MONCLER)のレタリングの施されたダウンジャケットに身を包み、山下智久は新たに展開されるウィメンズコレクションのアイテムを身にまとった女性をはじめとしたクラブに集う人々の間をすり抜けならが、ナイトライフの持つ喜びのエネルギーを思い出させる。藤原ヒロシが手掛けた「7 MONCLER FRGMT HIROSHI FUJIWARA」の世界観を感じてみてはいかが。

ハンティウム ¥202,400(税込)

ウォレン ¥205,700(税込)

パーカー ¥100,100(税込)

スカート ¥108,900(税込)

■7 MONCLER FRGMT HIROSHI FUJIWARA

2021年7月8日(木)発売

販売店舗 : 一部の国内モンクレールブティック、オフィシャルECサイト、主要セレクトショップ、

https://www.moncler.com/ja-jp/genius/shop-moncler-genius/7-moncler-frgmt-hiroshi-fujiwara