LOUIS VUITTONよりサステイナブル素材の「フエルト・ライン」が登場 日常の生活に溶け込んだ芸術を讃えメゾンの循環型創造への画期的なアプローチを反映

ⒸLouis Vuitton, Ludwig Bonnet

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)は、2021秋冬コレクションで初披露された「フェルト・ライン」を、7月16日より発売。3つのアイコニックなレザーバッグにフィーチャーし、いずれのピースにもメゾンの循環型創造への画期的な取組みが反映されている。オーガニックコットンやリサイクルウールをベースとしたジャカード織り、既存の製品在庫から再利用された100%リサイクルポリエステル、さらにはリサイクルプラスチック素材のチェーンなど。環境に配慮した素材を複数取入れてデザインされた3モデルのバッグは、日常の生活に溶け込んだ芸術を讃え、いずれのシルエットにも、メゾンの循環型創造への画期的なアプローチが反映されている。バッグ「キーポル・バンドリエール」、「キーポル XS」、そしてヴァージル・アブローがルイ・ヴィトンでのデビューを飾った初コレクション以来製作し続けているデザインの「ソフトトランク」。メンズ・ウェアのコレクションに欠かせないこれら3つの定番アイテムには、循環型創造プロセスに対するルイ・ヴィトンのコミットメントが明確に示されている。今シーズンの新たな冒険において、ヴァージル・アブローのインスピレーション源である”ムービングブランケット”は、ヴァージルが2018年にルイ・ヴィトンに加わって以来体現してきたサステナビリティへの献身的な取組みと完全に一致するデザインに仕上がっている。メゾンにとって創造面での真の挑戦となるこのホリスティックアプローチは、「フェルト・ライン」コレクションの各アイテムに採用された持続可能で責任ある素材の選択や使用に具体的に示されている。各バッグの主な素材となっている革新的なテキスタイルには、認証を受けた最高水準の43%オーガニックコットンと20%リサイクルウールを使用。不規則性がユニークなジャカード織りや、ルレックスヤーンのタフテイングの向こうに見え隠れするモノグラム・パターンにより、レザーグッズのオリジナリティがさらに強調されている。ルイ・ヴィトンが大切にしている品質や耐久性に関する基準をすべて満たす「フェルト・ライン」の3モデルには、同基準を採用してデザインされたプレタポルテのロングコートと同じく、責任ある持続可能な洗練というメゾンの選択が表れている。2021秋冬ファッションショーのメインテーマである日常生活における美と創造性を讃え、具現化した「フェルト・ライン」には、 顧客のニーズと現代世界が抱える課題に対する最適な対応を提供するという、ルイ・ヴィトンが誇る活気溢れる専門知識と創意工夫がはっきりと示されている。すべてのアイテムには、ヴァージル・アブローがデザインしたシグネチャー入りのレザーパッチが付属。 既存在庫のレザーを利用したこのエンブレムは、2025年までにルイ・ヴィトン製品を100%エコデザイン対応とするという持続可能な開発に対するメゾンの目標を象徴するものとなっている。環境に配慮したルイ・ヴィトンの「フェルト・ライン」に注目して欲しい。

ⒸLouis Vuitton Malletier

 

■LOUIS VUITTON「フェルト・ライン」

2021年7月16日(金)発売

お問い合わせ:ルイ・ヴィトン クライアントサービス / TEL 0120-00-1854

www.louisvuitton.com