Max Maraの70周年を記念した、Tシャツ アニバーサリー カプセル コレクション「7 for 70」を発売 7人のアーティストが手がけた7種類のスペシャルエディション Tシャツが登場

現代のプレタポルテ(既製服)の先駆けとして世界中で知られるMax Mara(マックスマーラ)の70周年を記念し、7人のアーティストが手がけた7種類のTシャツ アニバーサリー カプセル コレクション「7 for 70」を発売。Tシャツにあしらわれた一連のイメージを通して、ストーリーが語られている。数字の”7”は、多くの古代文化において、完全や発見、知識を意味し、賢人の根源的な部分と関連付けられることも多く、直観や瞑想、正確性を象徴する。マックスマーラのアイコンである「101801」キャメルコートを着用した非常にエレガントなワイマラナー犬を撮影したウィリアム・ウェグマンによる印象的な写真、有名イラストレーターのフランソワ・ベルトゥが手掛けたブロックプリントのTシャツ、伝説的な鉛筆画を描くブルネッタに依頼した素描スケッチに加え、マックスマーラ2016年春夏ランウェイショーで注目を集めたブライアン・グリムウッドによるノーティカルをテーマにした魅力的なグラフィック、2011年にモスクワで開催された「COATS!」展のためにヴァレリー・カツバがボリショイ・バレエ団のプリンシパルを撮影したクラシックバレエの詩的な写真、ルネサンス期のイタリア絵画に影響を受けたブリジット・ニーデルマイルにより撮影されたテディコート、そして2021年秋冬コレクションにも登場した、60年代のエルベルト・カルボーニの作品からインスパイアされたグラフィックプリントを展開。これらのイメージは、過去から現在、未来へと続く躍動的なストーリーを奏でている。ラグジュアリーながらも新鮮なピュアコットンジャージーのTシャツは、美しい仕上げを施したアップリケのパネルが特徴的。それぞれのアートワークを際立たせるように特別に作られている。こうした重要な瞬間を記念するのにTシャツを使用するのは、Tシャツが単なるシンプルなストレートカットのクルーネックの半袖トップスではなく、「ステートメントアイテム」だから。ファッションの流行に左右されることなく、現代に求められる即時性や迅速性に呼応しながら、限りないコミュニケーションの可能性を表現する、まさに「真っ白なキャンバス」だから。例えるなら、衣服の形式を取ったTwitterのようなもの。Max MaraのTシャツ アニバーサリー カプセル コレクション「7 for 70」で、お気に入りの1枚を見つけてみては。

■Max Mara「7 for 70」

全7種(11色) 各¥39,000(+tax)

jp.maxmara.com