JW Andersonが限定「Tom of Finland カプセルコレクション」第2弾を発売 ”トム・オブ・フィンランド”による無題作品をフィーチャーしたレディ・トゥ・ウェアのアイテムを展開

JW Anderson(JW アンダーソン)は、完売するまでに至った「JW Anderson x Tom of Finland カプセルコレクション 2020年エディション」の成功を受け、第二弾となる『JW Anderson x Tom of Finland Capsule Collection 2 2021 Edition』を、6月11日よりロンドンのJW Anderson ソーホー旗艦店、6月14日よりJWAnderson.comSSENSE.comCULTUREEDIT.COM(ロス)にて発売中。2021年カプセルコレクションでは、前コレクションで展開されたアクセサリーのラインに加え、アーティストTom of Finland(トム・オブ・フィンランド)による無題作品をフィーチャーしたReady-to-wearのアイテムも展開。レザーブーツとグローブ、キャップの他にはほとんど何も身につけていない男性を多く描いたTom of Finland。独自の挑発的なスタイルで描かれたイラスト作品が、T シャツ、フーディ、シャツ、そしてショーツにプリントされている。アクセサリーでは、レッドとホワイトで展開されるフェルトトートバッグとレザーバゲットハンドバッグの他、彼の作品からインスピレーションを得てスタッズやピアスをふんだんにあしらったキーリングとキャップバッグを展開。1920年、フィンランド生まれのTom of Finlandは、1940年代に数千点もの作品を制作したアーティスト。バイカーや警察官、カウボーイ、肉体労働者など、いわゆる”男らしさ”を象徴する男性像を描いている。筋骨隆々な男たちが恥じることなく性に興じる姿を描いた彼の作品は、世界の同性愛嫌悪的偏見に大きな一石を投じ、後世に語り継がれるアイコニックな作品で戦後ゲイカルチャー形成の大きな一端を担った今もなお、20世紀でもっとも影響力のあるアーティストのひとりと数えられている。1984年、Tom of Finlandと友人Durk Dehner(ダーク・デナー)は、膨大な数にのぼるトムの作品の保護と、あらゆるエロティックアートの繁栄の後押しを目的としたTom of Finland Foundation(トム・オブ・フィンランド財団)を設立。財団は、セクシュアリティに対するより健全で寛容な考え・姿勢をひとびとに啓蒙・教育するための積極的な活動も展開。JW Andersonは、このカプセルコレクション展開を通して、誇りと共に財団をサポートしている。アンダーソンはカプセルコレクション第2弾について、「第1弾の制作も楽しかったし、トム・オブ・フィンランド財団と共にコレクションを作り上げる体験は素晴らしいものだった。ゲイとして、そしてデザイナーとして、私はこれまでずっとTom of Finland作品に魅了されてきた。あらゆるタイプのアート作品を収集してきた私ですが、彼のイラスト作品も数点所有しています。JW Andersonコレクションに彼の作品を取り込むことができるということはとてもエキサイティングなこと。今回のコレクションには誇りを持っているし、Ready-to-wearのアイテムを展開できるまでに至ったことをとても嬉しく思っています」と話している。「JW Anderson x Tom of Finland カプセルコレクション」第2弾で、彼らの世界観を堪能してみてはいかが。

SHIRT ¥77,000(税込)

SHORTS ¥77,000(税込)

BAGUETTE HANDBAG ¥82,500(税込)

NANO CAP BAG ¥71,500(税込)

KEYRING ¥27,500(税込)

 

■JW Anderson x Tom of Finland Capsule Collection 2 2021 Edition

2021年6月11日(金)よりJW Anderson ソーホー旗艦店(2 Brewer Street, W1F 0SA) / 6月14日(月)よりJWAnderson.comSSENSE.comCULTUREEDIT.COM(ロス)にて発売中

www.jwanderson.com