BALが「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」のクリエイティブチーム「KYO-ZON」とのコラボレーションプロジェクトを始動 宮崎いず美をゲストアーティストとして起用

©️IzumiMiyazaki -BAL2021

BAL(バル)が、「KYOTOGRAPHIE(キョウトグラフィー)京都国際写真祭」のクリエイティブチーム「KYO-ZON(キョーゾン)」とのコラボレーションプロジェクト『BAL × KYO-ZON』を6月1日より始動した。このプロジェクトでは、自身を被写体にしたシュールなセルフポートレート作品を制作するアーティスト「宮崎いず美」をゲストとして起用し、1年間シーズン毎に4作品のビジュアルキャンペーンを展開していく。日本の四季を連想させる風物詩をメインモチーフとした、宮崎いず美による撮り下ろし作品であるキー・ビジュアルは、夏至の6月21日より京都/神戸両館内の各所に展示される他、作品からインスパイアされたさまざまなイメージが点在される。プロジェクト第一弾となる夏のキー・ビジュアルは、日本の夏の風物詩であるスイカをメインモチーフとし、今シーズン展開されているシューズやバックといったシーズナルアイテムを身に纏う8人の宮崎いず美が、スイカの実や種を想起させる作品になっている。また、6月1日よりスペシャルティザーサイトを開設し、キー・ビジュアルに纏わるショートムービーを毎週月曜日に、BALの公式ウェブサイトと公式SNSにて公開される。他にもクローズドのオンラインイベントなどデジタルコンテンツも展開予定となっている。今回のプロジェクトで、BALと「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」のクリエイティブチーム「KYO-ZON」、そしてアーティスト宮崎いず美のコミュニケーションワークに触れてみてはいかが。

©️Izumi Miyazaki -BAL2021

Izumi Miyazaki

 

■BAL × KYO-ZON

2021年6月1日(火)より始動 / 6月21日(月)より京都・神戸両館内の各所に展示

https://www.bal-bldg.com/izumimiyazaki-bal2021/