GOYARDがクロスボディにもなる新作バニティバッグ「MUSE(ミューズ)」を発売 新たな旅のシーンのマストアイテムが登場

GOYARD(ゴヤール)は、シグネチャーでもある杉綾模様をまとったバニティバッグ「MUSE(ミューズ)」を、6月より、全国のゴヤールブティックにて順次カラー展開中。ハードタイプのバニティ サルデニュトランクからインスパイアされたトラベルアクセサリーは、追加購入できるストラップを装着し肩がけでの使用も可能に。1950年代から、ゴヤールの製品カタログにはジャカードキャンバス地やレザーを使用したソフトバニティケースを掲載。トランクメーカーから始まったゴヤールと、トラベルは常に密接な関係。従来のユニセックス色の強いトラベルシリーズ「ボーイング」や「ジュバンス」のトイレタリーバッグに加え、旅行の際にコスメ類やブラシ、ボトルなどを入れて持ち運ぶことができるバニティケース「ミューズ」は、新たな旅のシーンのマストアイテムとなる。ソフトボディだからこそのしなやかなトラベルシーンを演出することができる。ボディには「アルトワ」と同じメインテインド・ゴヤール ディンキャンバスを使用。トップに施された「ジョンダルムハンドル」は快適なグリップを提供するゴヤール のトランクへのオマージュ。このハンドルはフラットに収納できるのでラゲッジの中にケースが入れやすくなり、サイドにはDリングが付き、追加で購入できるレザーまたはコットンのストラップを装着することで、ショルダーバッグとして使用することができる。ジッパーは両開き、底には鋲があしらわれている。内装は伝統的に使用されてきたイエローのライニング、撥水性のあるコットンを使用。上部に内側には取り外し可能なミラー。レザータブで取り出す際に指紋をつきにくく配慮されたミラーは、クレジットカード類とほぼ同様サイズなので、ミラーの代わりにカードなどを収納して普段使いでも楽しむことができる。本体には、ボトル類を立てて持ち運べるよう伸縮性のあるスライド式ストラップや、インナーポケットがデザインされている。マーカージュを入れたパーソナライズも可能となっている(別途料金)。GOYARDの新作バッグ「MUSE」で、日常的にトラベル気分を盛り上げてみては。

■GOYARD「MUSE」

2021年6月より全国のゴヤールブティックにて順次カラー展開中 / 11色展開(日本の店舗では順次カラー展開) 高さ16×幅20×奥行14cm / 黒・黒茶 ¥191,000 その他の色 ¥248,000(全て税込)

お問い合わせ:ゴヤール ジャパン / TEL 050-3852-3691

www.goyard.com/jphttps://www.instagram.com/goyardofficial_jp/