Paco Rabanneがサマーカプセルコレクション「Ciao Paco」をローンチ 70年代のスポーツウェアからインスパイア

Paco Rabanne(パコ ラバンヌ)は、サマーカプセルコレクション「Ciao Paco」を、6月2日より発売中。夕陽が水平線を黄金に染める…。この夢のような情景は、自由な現実の捉え方によって、もたらしたものかもしれない。空想上のビーチへようこそ。「Ciao Paco」と名付けられた、楽観的なコンセプトとアティテュードのサマーカプセルコレクションでは、パコ・ラバンヌの定番アイテムと、70年代のスポーツウェアにインスパイアされた新しいアイテムとが組み合わされた。スローガンを配したアイテムとスタイリングが、夏の旅行への期待を高まらせる。過去シーズンに登場した、グラフィックデザイナーのPeter Saville(ピーター・サヴィル)が考案した「Love Yourself」と新しい「Ciao Paco」のスローガンは、フレッシュなカラーパレットのTシャツやスウェット、またレトロなスイムウェアに配されている。ドレープがかったジャージや、ハリのあるポプリンシャツにはリバティプリントが配され、サテンのパレオスカートとショーツ、またメタルチェーンで刺繍されたスリーブレストップには、夕陽のように鮮やかなタイダイ染めが施された。テニスストライプの身体に沿ったリブニット、デニムやユニセックスのカットオフショーツによって、コレクションのレトロな魅力は更に高まっている。メダルで装飾されたフィッシュネットドレスは、ヒッピーカルチャーからインスパイアされた2019年春夏コレクションを思い出させる。様々なアイテムに散りばめられたブランドロゴ入りのラバーパッチは、夏の記憶を留めておくための記録装置のよう。「Ciao Paco」のバケットハットをかぶって、この夏は、ビーチにいるつもりでステイケーションを楽もう。ヒッピーカルチャーをモダンなフィルターを通して解釈したサマーカプセルコレクションを通して、ドッセーナは行く先に囚われることなく、夏の旅行がもたらす特別な感情自体を捉えようとした。想像力次第で、ありもしない夏の旅行も、現実のように感じられるかもしれない。Paco Rabanneのサマーカプセルコレクション「Ciao Paco」で、夏の旅行に行った気分を味わってみては。

Styling:Marie-Amélie Sauvé / Photographer:Robin Galiegue / Director:Rasa Juskeviciute / Hair:Tomohiro Ohasi / Make up: Min Kim / Talent : Emmy Rappe

■Paco Rabanne「Ciao Paco」

2021年6月2日(水)より発売中

お問い合わせ : EDSTRÖM OFFICE(エドストローム オフィス)

https://www.pacorabanne.com/ww/en