モデルと畑オタクの両立に勤しむ岡田章吾と代官山青果店による新しいプロダクト「KEIMEN」がデビュー!農業にも日常着としても活躍するアイテムが一部先行発売

モデルと畑オタクの両立に勤しむ岡田章吾と、大地の力で育った安心・安全な食材や、手間と愛情のこもった調味料や食料品を販売する「代官山青果店」による新しいプロダクト『KEIMEN(カイメン)』がデビュー。5月28日より一部アイテムが先行発売された。ファッションの世界に身をおく畑オタクたちの見る世界から発信されるプロダクトは、土いじりに適するように考え抜かれ、日常着としてはもちろん、そのまま「農」や「畑」でも活躍するアイテムが登場した。たくし上げた袖が下がらないように袖口のリブを長くとったベーシックロンTは、草刈りの際にアーム幅にたるみがあると鎌が引っかかるという農家さんの意見を考慮した程よいアーム幅が特徴。作業中に腰の部分が露出しないように、背面の裾が少し長くなっている。日本製帆布として名高い富士金梅®の15号帆布を使用したベストは、前方2箇所にマチ付きポケット、背中に大容量のポケットが付いているため、多種多様なものを出し入れしやすい仕様となっている。日常着としてはもちろん、帆布生地のためハサミやスコップ、収穫の際の野菜なども収納可能になっている。また、土いじりで家族に嫌がられる要因の一つ「靴下の汚れ」を、なるべく目立たないように想定して作られたソックスも登場。長靴や靴の中に土が入ることを前提として、特に汚れの多くなる箇所が濃色になっている。発色の良いカラーとのコンビネーションは、コーディネートの差し色としても使える。そして、数回の使用しただけで廃棄されてしまいがちな軍手を、できるだけ長く使ってもらえるように考慮しお目見えしたのは、全面に施したラバーと、現状のプロダクトでは唯一大胆にブランドロゴを配したデザイン、コントラストの効いた配色が特徴となっている。先行発売に合わせて、動画・写真クリエイターのShu Kojimaの写真、糞土師・伊沢正名との対談などが載ったジン「グリーン サム バイ カイメン ISSUE 01」を代官山青果店にて発売。 以後、6月中旬に10型、7月後半に5型など随時様々なプロダクトが展開予定となっている、農業から着想を得たプロダクト『KEIMEN』をお見逃しなく!

T-SHIRT 各¥11,132(税込)

THERMAL L/S T-SHIRTS 各¥15,488(税込)

L/S T-SHIRTS 各13,310(税込)

SOCKS 各¥2,585(税込)

GLOVE 各¥1,848(税込)

 

■KEIMEN

2021年5月28日(金)より一部アイテム(GLOVE、T-SHIRT、L/S T-SHIRTS、THERMAL L/S T-SHIRTS)先行発売

https://keimen.official.ec/