カウズはアートプロジェクト「KAWS:HOLIDAY」の第6弾を発表 高さ約42メートルの世界最大級の熱気球が初飛行

世界的に知られるアーティストのKAWS(カウズ)は、2018年よりソウル、台北、香港、日本、宇宙へと展開し、世界中の人々を驚かせてきたプロジェクト「KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)」の第6弾を発表した。KAWSと長年のコラボレーターである香港を拠点とするクリエイティブスタジオAllRightsReservedは、5月にCOMPANIONを宇宙から地球へと帰還させ、新たに熱気球の都として知られるイギリス西部にあるブリストルの地より飛び立ち空の旅をスタートさせる。高さ約42メートルを誇る世界最大級の彫刻の熱気球に乗って、乗客は息をのむほどの世界の絶景を堪能し、一生に一度の空中冒険を体験することができる。これまで1人で陸、海、宇宙を飛び越えてきた勇敢なCOMPANIONが、今回のプロジェクトでは乗客を乗せて遊覧飛行する。FTX Payと新たに法定通貨と仮想通貨の支払いシステムを提携したことにより、熱気球のフリー遊覧飛行の旅が実現した。KAWSは「私はこのエキサイティングなプロジェクト“KAWS:HOLIDAY”を続けることができて嬉しく思う。このプロジェクトが、現在の世界情勢下におい て人々に何らかのインスピレーションをもたらすことを願っている。」とコメントしている。一生に一度の冒険の旅が体験できる“KAWS:HOLIDAY Hot-air Balloon World Tour”も開幕し、10月以降にはつぎなる飛行も開始予定している。詳細は、随時公式サイトにて公開されていく。高さ約42メートルの世界最大級の熱気球が飛行する「KAWS:HOLIDAY」からますます目が離せない!

@ARR.AllRightsReserved

 

■KAWS:HOLIDAY

KAWS / allrights-reserved.com