ポジティブな気分を誘うニュージュエリー 日本発のジュエリーブランドtalkative(トーカティブ)が21年春夏の新作コレクション「WISH」を発売 日々のお守りとなる”ミサンガ”のようなジュエリーを

日本発のジュエリーブランドtalkative(トーカティブ)は、21年春夏の新作コレクション「WISH(ウィッシュ)」を、5月27日より発売。「日々のお守りとなる”ミサンガ”のようなジュエリーを。」という発想から生まれたこのコレクションは、自由なスタイルで身につけられる、機能美を追求したシンプルなデザインが特徴。古来より縁起の良いモチーフとして愛される”麦の穂”をシンボライズした、「スピガ」と名付けられたチェーンがしなやかに肌に添い、やわらかな煌めきをそっと肌に宿してくれる。スタイルやシーンを選ばないシンプルな美しさが魅力の「WISH」は、身に着ける人の日常にぴったりと合うスタイリングが見つけられるよう、チェーンの長さを活かして自在なスタイルを楽しむことができるようにデザインされている。ネックレスは、ロングチェーンを背中で優雅に躍らせてバックスタイルにポイントを持ってきたり、チョーカーのように二重に巻きつけてゴールドの存在感を味わうことも。ラリエットとしてデコルテを自由にメイクしたり、手首にぐるぐると巻き付ければ、ブレスレットとしても身に着けることができる。シンプルなデザインが活きるブレスレットは、単体で着けるのはもちろん、手持ちのジュエリーとレイヤードしても美しく映える。また、アンクレットとしても着用でき、幅広いスタイリングが可能となっている。チェーンには2つのタイプがあり、太いチェーンタイプには、バーにダイヤモンドがあしらわれ、動きに合わせて優雅に輝きを放ち、華やぎをプラス。細いチェーンタイプは、地金の繊細な輝きが引き立つよう、敢えてゴールドのみでシンプルに仕立てられている。「現代を自分らしく生きるすべての人の日常に、ポジティブな気分を誘うパートナーとなることを願って。」そんなブランドの想いがつまった、美しいニューコレクションとなっている。talkative:もっと自由に、ボーダーレスに。現代を自分らしく生きるすべての人の日常に、ささやかなウィットと輝きを。アートピースさながらのハンサム&ラグジュアリーなスタイルに、グラフィックデザイナーを経たマロッタ忍ならではの感性が宿る。デザイン、仕立て、天然石の選定、いずれにも独自の哲学を貫くtalkativeは、驚きと知性、そしてとびきりの悦びを届けている。talkativeの2021年春夏の新作コレクション「WISH」を、あなたのお守りジュエリーにしてみてはいかが。

■talkative「WISH」

2021年5月27日(木)発売

価格:WISH spiga11 diamonds necklace ¥297,000 / WISH spiga11 diamonds bracelet ¥159,500 / WISH spiga09 necklace ¥198,000 / WISH spiga09 bracelet ¥99,000(全て税込)

www.talkative-jwl.jp