Salvatore Ferragamoはフィレンツェに咲く野花のスケッチ「タスカン ワイルドフラワー」プリントを国際的な6名のアーティストが様々な手法で表現した新しいマルチメディアのデジタルプロジェクトを発表

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)は、故郷である美しいフィレンツェに咲く野花のスケッチである「TUSCAN WILDFLOWERS(タスカン ワイルドフラワー)」プリントを、国際的な6名のアーティストが様々な手法で表現した新しいマルチメディアのデジタルプロジェクトを発表した。「タスカン ワイルドフラワー」は5月よりフェラガモブティック及び公式オンラインストアにて発売、アーティストとのコラボ作品は、ブランドのソーシャルメディアや公式サイトにて公開された。「タスカン ワイルドフラワー」は多様な文化や背景をもった人々の目を通して見た一つの場所の様々な観点を組み合わせた視覚的なマニフェストであり、感性を広げることの素晴らしさを思い出させてくれる旅のダイアリー。フェラガモにおける旅は、全てにおいて「タスカン ワイルドフラワー」であり、フェラガモの故郷であるフィレンツェ近郊の美しい田園地帯の代表的なシンボルであるポピーやデイジー、ひまわりの揺るぎない美しさを祝すフラワープリントは21年プレフォールコレクションのウェアやアクセサリーにも使用されている。ワイルドフラワーがプリントされたオーガニックコットン素材で作られた限定版のフェラガモ ステューディオ バッグは世界的なリゾート地である、カプリ、フォルテ・デイ・マルミ、マルベーリャ、カンヌ、マイアミ、ラスベガス、ハワイ、リオ・デ・ジャネイロのブティック限定で発売され、ショルダーのストラップにはそれぞれのリゾート地の名前が入っている。今回のデジタルキャンペーンでは、画家でデザイナーのルーカス・ビューフォート(フランス)、彫刻家ディエゴ・カベッサス(スペイン)、イラストレーターで画家のマリナ・パピ(ブラジル)、画家のボリー・ホ(韓国)、光を使ったインスタレーションをアーティストグループArt Media Studio, Firenze(イタリア)、イラストレーターのビジュー・カルマン(アメリカ)の6名のアーティストによってイラストレーションやコラージュ、写真そしてアニメーションなど様々な手法で表現。ブランドのプリントを祝すとともに、異なる現地の文化や思い出、夢のような風景のパッチワークといった彼らの考える旅のイメージが、トスカーナと彼らの出身国、そして限定版のフェラガモ ステューディオ バッグが発売されるロケーションと結びつける。サルヴァトーレ フェラガモの「タスカン ワイルドフラワー」と、アーティストとのコラボ作品の両方をチェックして!

Bijou-Karman

Lucas Beaufort

Diego Cabezas

Marina Papi

Boree Hur


Art Media Studio

LADY’S DRESS 左 ¥159,500 右 ¥198,000(共に税込)

左 LADY’S T-SHIRT ¥64,900 右 LADY’S SNEAKER ¥99,000(共に税込)

左 MEN’S SWIMMING PANTS ¥59,400 右 MEN’S HAT ¥49,500(共に税込)

左 MEN‘S SNEAKER ¥101,200 右 MEN’S TOTE(W43xD22xH40cm) ¥132,000(共に税込)

 

■Salvatore Ferragamo タスカン ワイルドフラワー

2021年5月よりフェラガモブティック、ferragamo.comにて発売

www.ferragamo.com