デザインギャラリーLICHTにて世界的ファッションデザイナー「川久保玲(COMME des GARÇONS)の椅子」展を開催 用途を持った家具でありながら空間を一変させるアートピース

5月29日から6月6日までの期間、「川久保玲(COMME des GARÇONS)の椅子」展を、デザインギャラリーLICHTにて開催。プレタポルテブランドCOMME des GARÇONS(コム・デ・ギャルソン)の創設者であり、世界的ファッションデザイナーである川久保玲がデザインを手がけた椅子の展示(一部販売)が行われる。川久保が家具をデザインしていたのは1983年頃から93年頃までの約10年間。当時、自身のブティックに設置するための最適な家具が見つからなかったため、空間設計の延長として自身で椅子とテーブルをデザインしたのが誕生の発端だといわれている。もともとスタイリストだった川久保。撮影のためにイメージした服が見つからなかった際に自ら服を用意したのが服作りのきっかけだというエピソードがよく知られており、それを踏まえると家具の制作もごく自然な動機で始まったのではないだろうか。10年の間に川久保が発表した家具は40個ほど。今回はそのうちブリキを使用したシリーズの中から、厳選された3脚の椅子がLICHTの空間に並ぶ。『ELLE DECOR』1992年11月号(ハースト婦人画報社)のインタビューの中で川久保は、「私の場合、家具を作るのは創作意欲がわいたときだけです。一瞬のひらめきでいいな、と感じた素材や形を取り入れる、それがすべてですね」と話している。パリ装飾美術館をはじめとした各国の美術館にパーマネントコレクションとして収蔵されている川久保の椅子は、用途を持った家具でありながら、空間を一変させるアートピースであるとも言える。デザインギャラリーLICHTにて開催の「川久保玲(COMME des GARÇONS)の椅子」展で、独特な佇まいをぜひ体感して欲しい。

■川久保玲(COMME des GARÇONS)の椅子

2021年5月29日(土)~6月6日(日)開催 / 13:00~18:00 ※会期中は毎日営業 / LICHT(東京都目黒区青葉台3-18-10 2F) / TEL 03 6452 5840

https://licht-gallery.com