Onitsuka Tigerから世界が注目するタイ発祥サステナブルプロジェクト「Doi Tung(ドイトン)」との国境を越えたコラボレーションモデルを発売 人々と地球に心地よいコラボが実現

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)は、タイ王国の非営利組織”メーファールアン財団”の主要プロジェクトである「Doi Tung(ドイトン)」との国境を越えたコラボレーションモデルを、5月24日より、オニツカタイガー 表参道、オニツカタイガー 大阪心斎橋、オニツカタイガー 神戸およびEC サイトにて発売。サステナブルな取り組みで、タイで絶大な信頼を得る「ドイトン」のコンセプトへの共感と、世界的なサステナビリティの流れも相まって、人々と地球に心地よいコラボレーションが実現した。展開アイテムは、ドイトンが現地で生産する手織りファブリックをメインに使用した「MEXICO 66」「MEXICO 66 PARATY」「SERRANO」の3モデル。環境に配慮した工程を経て、サステナビリティを意識した素材が使用されている。伝統的なコレクションの中から厳選された柄をベースにデザインし、糸を紡ぎ、柄が出てくるまで一週間を要する手織りのテキスタイルで、機械織りと比較すると質感はやわらかく、柄も繊細に仕上がっている。レッドとブルーのカラーリングは、オニツカタイガーストライプでも採用されているトリコロールカラーを想起させる。タイ限定モデルの「MEXICO 66」のアッパー生地のベースには、再生ペットボトル100%の糸を使用。モノトーンカラーをベースに、ロゴやタイガー柄を刺繍したテキスタイルで、シックな雰囲気に。また、ソールにあしらわれたレッドとイエローは、ドイトンとオニツカタイガー、それぞれのキーカラー。現地スタッフによる伝統的な手作業と、オニツカタイガーの代表的なモデルのコラボレーションは、雇用や社会貢献の活動を広める協業でもあり、履くことにより、タイの文化と自然、そして日本との友好をリプレゼンテーションするストーリーのスニーカーとなっている。タイの社会事業であるドイトンは、人々の暮らしの向上に加え、タイの自然や文化の保存を使命としている。ドイトンが生み出すものは、環境に配慮した手法で少数民族が手作りしており、それらは単なる製品ではなく、サステナビリティな開発の生きる証明となっている。オニツカタイガーとドイトンによるサステナブルなコラボレーションモデルを履いて、タイの文化や職人技を肌で感じてみてはいかが。

MEXICO 66(ユニセックスモデル) ¥13,200(税込)

MEXICO 66 PARATY(ユニセックスモデル) ¥11,000(税込)

SERRANO(ユニセックスモデル) ¥11,000(税込)

MEXICO 66(タイ限定モデル)

■Onitsuka Tiger × Doi Tung

2021年5月24日(月)発売 / 特設サイト

展開店舗:オニツカタイガー 表参道、オニツカタイガー 大阪心斎橋、オニツカタイガー 神戸、EC サイト

お問い合わせ:オニツカタイガージャパン お客様相談室 / TEL 0120-504-630

www.onitsukatiger.com