Desigualが夏とリゾートスタイルを得意とするエステバン・コルタザールとの初のコラボレーションコレクション「Cada día es para siempre(毎日を永遠に)」を発売 1990年代のマイアミ・サウスビーチからインスパイア

Desigual(デシグアル)は、デザイナーのEsteban Cortázar(エステバン・コルタザール)と初のコラボレーションコレクション「Cada día es para siempre(毎日を永遠に)」を、5月14日より公式オンライン限定で先行発売し、5月20日より一般発売される。また、5月20日のコレクションの発売と同時に、その時代の映画、アート、ファッションを象徴する人物をフィーチャーしたキャンペーン”Cada día es para siempre(毎日を永遠に)”を発表。様々なシーンで活躍する、タイムレスでサステナブルな2021年春夏コレクションとなっている。生きる喜び、夏、そして色の祭典。”Cada día es para siempre(毎日を永遠に)”と名付けられたコレクションは、私たちを生まれ変わらせ、人生を謳歌するように導いてくれる。このコレクションは、デザイナーの父であるアーティストValentino Cortázar(バレンティノ・コルタザール)のコラボレーションでもある。彼の作品「ElBeso」は、この時代にマイアミで作成された純粋な色のブラシストロークによる愛のグラフィック表現であり、コレクションの多くの中心的存在。さらにエステバンは、70年代に写真家のアンディ・スウィートがサウスビーチでが撮影した写真をパッチワークのようにウェアに散りばめている。このコレクションがインスパイアされた自由で気ままな精神、色、暖かさを強調する2つの対照的なスタイルを楽しむことができる。エステバン・コルタザールは、「デシグアルとの最初のコラボレーションでは、パーソナルなものを作りたかったので、僕が育った90年代のマイアミのサウスビーチのにインスピレーションを得ました。私はNews Caféの周りで当時マイアミビーチのルネッサンスがどのようにして起こったのかを見ながら育ちました。ファッション、音楽、アート、ラテンの熱のるつぼで、信じられないほどの人々が折衷的にミックスされています。アーティストや賑やかなゲイカルチャー、ドラッグクイーン、スーパーモデル、アイコニックな写真家たち、ナイトクラブシーン、そしてラテン文化。このコレクションは、終わりのない夏の日、サンセットのキス、そして子供の目を通して見たアイコニックで自由で解放的な時代を作り上げた若さと多様性の精神を讃えています。 過去にインスピレーションを得て、今の時代のためにデザインされ、永遠に記憶されるようなコレクションです。」と話している。デシグアルとエステバン・コルタザールによるコラボレーションコレクション「Cada día es para siempre(毎日を永遠に)」で、この夏をHappyに過ごしてみてはいかが。

Esteban Cortázar

■Desigual×Esteban Cortázar「Cada día es para siempre」

2021年5月14日(金)より公式オンライン限定で先行発売、5月20日(木)より発売

お問い合わせ:デシグアルストア原宿 / TEL 03-5467-2680

https://www.desigual.com