世界トップブランドのサイクリングメーカー”SPECIALIZED(スペシャライズド)”よりTurbo e-Bikeに新モデル「Como SL」が登場 イメージモデルにクリス-ウェブ佳子を起用

世界トップブランドのサイクリングメーカーSPECIALIZED(スペシャライズド)より、Turbo e-Bikeに新モデル「Como Super Light」が登場。日本サイトでは今までのブランドイメージが刷新され、モデルのクリス-ウェブ佳子を起用し、イメージ映像を4月28日より公開中。世界最大の自転車レース『Le Tour de France(ツール・ド・フランス)』において、サポートチームによる数々のステージ優勝や総合優勝を手にしてきたスペシャライズド。2018年のツール・ド・フランスでは全21ステージ中ステージ7勝と最も勝ったバイクブランドとしてもその名が知られている。世界中のトップクラスのライダーやメッセンジャー、そしてスポーツシーンの玄人から、その軽量性、信頼性、洗練されたルックス、高いパフォーマンスを認められているスペシャライズドより、カリフォルニアでデザイン、スイスで開発されたTurbo e-Bikeのラインナップに、街中でも使いやすい、スーパー楽しくて快適な最新モデル「Como SL(コモエスエル)」が仲間に加わった。スペシャライズドのテクノロジーはそのままに、これからサイクリングを始めるスタイリッシュなライダーに向けて、「忙しい日常に楽しさ」を感じられるe-Bikeをお届けする。新型コロナウイルスが爆発的な感染拡大を見せた2020年、e-Bikeへの注目度、そしてマーケットでの認知度も高まった。革新的なイノベーション、テクノロジー、そして社会貢献活動に定評のあるスペシャライズドのe-Bikeは実際に乗車すれば違いがすぐ体感できるだろう。この世界でもっとも効率的に移動できる乗り物であるe-Bikeは、環境負荷が少ないうえ、自動車で渋滞した道路を颯爽と駆け抜けられる。2050年までに世界の都市化が68%に及ぶと叫ばれる今、e-Bikeは地球にとって欠かせない移動手段となるはず。e-Bikeとは、ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクなどのスポーツバイクに電動アシスト機能を付加した自転車のこと。e-Bikeは、専用に開発されたドライブユニットを搭載しているのが特徴となっており、日本の法規上、時速24㎞までのアシストが定められている。日常の使い勝手に特化した電動アシスト自転車に対し、e-Bikeはフレーム設計、軽量性、変速ギアの違いなどによってスポーツ走行が可能。移動できることにフォーカスされた電動アシスト自転車と比べ、e-Bikeは自転車に乗ることそのものを楽しむことができ、全く異なるカテゴリーの乗り物となる。SPECIALIZEDの新モデル「Como SL」で、日常に楽しさを!

■SPECIALIZED「Como SL」

ラインナップ:Turbo Como SL 5.0 / Turbo Como SL 4.0

取扱店舗:千葉県 輪工房 / 東京都 スペシャライズド銀座りんりん自転車館 一之江店なるしまフレンド 神宮店 / 神奈川県 SBC 厚木店
Nakajima Cycle / 愛知県 カミハギサイクル 小牧本店 / 大阪府 ラビットストリート 江坂店 / 兵庫県 ラビットストリート 神戸店 / 愛媛県 B-shop OCHI / 福岡県 ZING ZING FUKUOKA WEST

お問い合わせ:スペシャライズド・ジャパン合同会社 / マーケティング contact.jp@specialized.com

https://www.specialized.com/jp/ja/