伝統工芸を軸にラグジュアリーなカーライフを提案するKiwakotoが「京都のクラフツマンに依頼する上質な『お誂え』の逸品展示・オーダー会」を東京都内にて開催

「お誂え文化の復刻」を目的に、伝統工芸を軸にラグジュアリーなカーライフを提案するKiwakoto(キワコト)が、「京都のクラフツマンに依頼する上質な『お誂え』の逸品展示・オーダー会」を4月22日から24日まで東京都内にて開催する。京都に発展した伝統工芸をはじめ多くの職人技は、貴族・皇族・文化人といった限られた方のオーダーを形にするために 脈々と技に磨きをかけ、現代まで残ってきた。一方で、世界に通用するその職人技が歴史・伝統・技術という観点から、価値を強調されながらも、時代の流れにより存続自体が今日では簡単なことではない。「誂える」という文化を次の時代へと繋ぎ、後100年の職人技を磨くのは、現代の「目の肥えた方」からいただくわがままなオーダー。「私の欲しいもの」をクラフツマンと共につくる楽しみと、愛着の逸品と心豊かに過ごす日々を、多くの方へ広げていけたらという願いが込められている。ラグジュアリーの定義も大きく変わっていく今日、本当に価値のある上質かつ究極にパーソナルなこのプロジェクトが、文化的事業継承の一翼をになうという社会的な意義も有している。展示一般公開では、文化的事業継承の一翼を担う本取り組みに共感した著名人、文化人の朝吹真理子(作家)、片岡千之助(歌舞伎役者)、小木“Poggy”基史(ファッション・キュレーター)、 坂本龍一(音楽家)、庄司夏子(オーナーシェフ)、妹島和世(建築家)、そしてラグジュアリーブランドのデルヴォー(レザーグッズメゾン)からのテーマをKiwakotoとクラフツマンが半年以上かけて製作されたお誂えの逸品を見ることができる。また、会場では要望を専門スタッフが伺い、こだわりの逸品を誂えることができる。クラフツマンによるプレゼンテーションや実演なども予定されている。「京都のクラフツマンに依頼する上質な『お誂え』の逸品展示・オーダー会」に足を運んで、半年以上かけて製作されたお誂えの逸品を堪能してみては。

朝吹真理子

片岡千之助

小木“Poggy”基史

坂本龍一

庄司夏子

妹島和世

DELVAUX

開化堂

兵働智也

奥西敏宏

京都・誉田屋源兵衛の展示の様子

 

■京都のクラフツマンに依頼する上質な「お誂え」の逸品展示・オーダー会

2021年4月22日(木)〜24日(土)10時〜18時 / 草月会館1階 草月プラザ(東京都港区赤坂7-2-21)

お誂えオーダー会(ご予約お時間) : 4月22日(木)〜24日(土)10時、11時30分、13時、14時30分、16時

https://kiwakoto.com/