モードな切り口で環境問題にアプローチ!EMPORIO ARMANIが2シーズン目となる「サステナブルコレクション」を発売 地球環境に配慮したアイテムがラインナップ

EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)は、2シーズン目となる「サステナブルコレクション」を、4月7日より、日本ではエンポリオ アルマーニ表参道店とエンポリオ アルマーニ心斎橋パルコ店、オフィシャルサイトにて発売中。数多くの取り組みの中でも、ファッションブランドらしいモードな切り口で環境問題にアプローチしているのが「サステナブルコレクション」。このコレクションは2020年秋冬シーズンに初登場した。環境問題に対して強い興味を持つデザイナーのジョルジオ・アルマーニ。ブランドにとって、社会的責任を担うことはブランドの想像価値の1つである、と公言し、長年に渡り環境問題や社会問題に対して積極的な取り組みを行っている。「サステナブルコレクション」から今シーズン登場するアイテムは、ネイビーとホワイトのカラーリングを軸に構成され”海”という全人類にとってかけがえのない大切な自然をイメージさせる仕上がり。昨シーズンのコレクション誕生時は、「I’M SAYING YES TO RECYCLING」という、リサイクルを肯定するストレートなメッセージが多くのアイテムに入れられていたが、今シーズンは「SAVE THE EARTH」のメッセージがまるでスローガンのように多くのアイテムにデザインされている。このコレクションで使用される素材は、サステナビリティの分野で最も信用性の高い国際基準に従って選定されたもの。GREENLON(廃棄物、エネルギー、炭素排出量削減のため、素材を再利用するプロセスを開発し、汚染度の高いプロセスをこれに置き換えて作られる環境に優しいテキスタイル)やNEWLIFE(プラスチックをプレミアムヤーンにアップサイクリングした持続可能性プロジェクトをサポートする高性能リサイクルヤーン)などを使用した開発生地は、ペットボトルから派生したナイロンと再生ポリエステル素材とともに、イタリアで生産されている。強くよられた摩耗性の高いナイロンは、カーペットや漁網などのプラスチック廃棄物から再生。使用されるオーガニックコットンは、環境への影響が低いもので、GMO(遺伝子組み換え生物)を採用せず、農薬や有毒な化学肥料を使用せずに栽培されたもの。その他メンズアイテムでは、波を思わせる真っ白なカラーリングの白シャツやサロペットなど、夏の日差しに映えるアイテムが多く登場し、レディスアイテムもコートからTシャツ、ハーフパンツ、スウェットシャツ、ハットなどの小物といった豊富なアイテムを展開している。地球環境に優しいEMPORIO ARMANI「サステナブルコレクション」で、モードスタイルを楽しんでみてはいかが。

メンズTOP ¥36,300

左:プラスチック廃棄物から再生されたトップス ¥67,000 右:ハット ¥41,800

左:サロペット ¥138,000 右:シャツ ¥92,400

左:再生ポリエステル素材によるコート ¥264,000 右:シャツ ¥92,400 ショートパンツ ¥84,700

 

■EMPORIO ARMANI「サステナブルコレクション」

2021年4月7日(水)より日本ではエンポリオ アルマーニ表参道店とエンポリオ アルマーニ心斎橋パルコ店、オフィシャルサイトにて発売中

お問い合わせ:ジョルジオ アルマーニ ジャパン / TEL 03-6274-7070

https://www.armani.com