shu uemuraが世界初のグローバル フラッグシップ ビューティブティック「シュウ トウキョウ メイクアップ ボックス」を表参道にオープン 一人ひとりの美を極める心躍る空間が誕生 #shutokyo

shu uemura(シュウ ウエムラ)は、4月16日に世界初のグローバル フラッグシップ ビューティブティック「シュウ トウキョウ メイクアップ ボックス」を、東京・表参道にオープン。ブランド創始者の植村 秀が愛用したアイコン的存在のメイクアップ ボックスから着想を得た驚きの空間が誕生。アーティストのクリエイティビティを五感で感じ、日本特有の高品質の限定品を手に取り、自由に楽しみながら一人ひとりの美を極める心躍る体験をオフラインとオンラインで提供する。この新しいグローバル フラッグシップ ビューティブティックのストアデザインは、ブランドの活気に満ちた、創造性あふれる体験を求めていく、揺るぎない情熱を表現。一見ミステリアスにも思える黒いメイクアップ ボックス。漆黒のファサードとネオンレッドの鳥居を入口に構え、店内には驚きに満ちた空間が。創造性あふれるこのメイクアップ ボックスは、シュウ ウエムラ プロフェッショナル メイクアップの芸術性を「1:日本の熟練した職人技を継承し、ひとつひとつ手作業によって産み出された道具。2:ピグメントとテクスチャーに関する専門知識を駆使して作られた他に類を見ない製品。3:アーティストの創造性と熟練した技術」の3つの柱で象徴している。また、店内ではここでしか味わえない4つの体験を各部屋にて用意されている。メイクアップ ボックスの中をイメージしてデザインされた4部屋から成る新しいビューティブティックでは、シュウ ウエムラの美の世界に飛び込んで、クリエイティブな体験に浸り、さまざまな色と遊ぶことができる。さらに、オープンを記念し、ここでしか手に入らない限定製品も発売。伝統的な日本の人形である「コケシ」は、職人技の象徴であることから、シュウ トウキョウ メイクアップ ボックスの創造性と芸術性のシンボルとして、黒と金色の筆書体で卓越した装飾が施された「コケシ」“shu shu”を採用。また、オープンを記念し、日本の書道家である万美とのコラボレーションを実施。植村 秀のDNAを継承し、ブランドのキーカラーである黒、赤、白の3色を使用した「秀」の文字が描き表されている。グランドオープンを記念した限定製品である筆書きによる「shu=秀」のシグネチャーが施されたフラッグシップコレクションや目元をドラマチックに彩る限定版プレミアム アイラッシュ「アート オブ ラッシュ」を発売。さらに日本の着物や折り紙からインスパイアされたラッピングアイテムの中から自由にカスタマイズできるアートオブ ギフトラッピング サービスや、お客様一人ひとりに合わせた、刻印サービス、プロフェッショナル ブラシ クリーニング サービスを提供。世界初のshu uemura「シュウ トウキョウ メイクアップ ボックス」で、ここでしか味わえないインタラクティブ&クリエイティブな体験を!

シュウ トウキョウ ボックス:写真左からマスク ¥1,980 タンブラー ¥3,520 ポーチ ¥3,080 コケシ ¥11,000 / その他トートバッグ ¥2,200 バッグ \2,200 バニティ ¥3,520(全て税込)

アート オブ ラッシュ 各¥11,000(税込)

 

■shu uemura「シュウ トウキョウ メイクアップ ボックス」

2021年4月16日(金)オープン / 東京都渋谷区神宮前5-11-2 B-SIDE / TEL 03-6427-2581 / 11:00~21:00(不定休)

お問い合わせ:シュウ ウエムラ / TEL 0120-694-666

www.shuuemura.jp