京都 BAL 4Fのポップアップスペース”BLANC VRAI(ブラン ヴレ)”に「COZ MANUFACTURED BY WRAPINKNOT」ほか2ブランドが新たに加わり本格展開をスタート

京都 BAL 4階 自主編成スペースに、COZ MANUFACTURED BY WRAPINKNOT(コズ マニュファクチャード バイ ラッピンノット)、Fatima Morocco(ファティマ モロッコ)、Pasand by ne Quittez pas(パサンド バイ ヌキテパ)の3ブランドを新たに迎え、4月16日より本格展開をスタート。京都 BAL 4F POP-UP SPACEは、昨年11月より展開しているTOMOE(トモエ)、DR.VRANJES(ドットール・ヴラニエス)、NO STRESS JUST FUN(ノ― ストレス ジャスト ファン)、PLAN C(プラン シー)のラインアップに、今回新たに3銘柄のブランドを加え”BLANC VRAI(ブラン ヴレ)”として本格始動。COZ MANUFACTURED BY WRAPINKNOTは、スタイリストの安西 こずえ氏が、新潟のニット素材の開発から縫製までの製造工場を持つメーカー「ウメダニット」をファクトリーに選び、2021年に誕生したカシミアブランド。上質なカシミアを通年で愛していもらえるよう提案したコレクションとなっている。今回初の実店舗展開となり、BLANC VRAI限定の別注色アイテムの展開を予定している。モロッコ雑貨のブランドFatima Moroccoは、モロッコ独自の文化が織りなす魅力がつまったファッションアイテムからインテリア雑貨までを取り揃えるライフスタイルブランド。オリジナルのバブーシュやバスケットは現地の職人によるハンドメイド。ラグやランプなどのインテリアはモロッコ各地で買い付けされ、ディレクター大原真樹氏のセンスが光るラインアップが魅力となっている。Pasand by ne Quittez pasは、伝統的なテクニックと新鮮なデザインが融合した、今の気分を楽しめるne Quittez pas のデイリーウェアコレクション。インドの手仕事の温もりが醸し出すオリエンタルなムードを基調とし、高揚感を高めるカラーリング、四季を通じて心地より素材感、身体と服の間に生まれるゆるやかな空気感を大切にしている。今回の”BLANC VRAI”グランドオープンを記念して、スタイリストの安西 こずえ氏を招聘し、4月17日には店頭からインスタグラムライブ配信や、店頭アピアランスイベントを予定。詳細は、公式WEBSITESNSにて随時発信していく。”BLANC VRAI”は、”白”と”本物”を組み合わせた呼称。京都 BALの内装イメージでもある、白を基調とした”ホワイトハウス”の中に、さまざまなブランドを展開することで魅力的に彩られる売り場を目指している。白いキャンバスをイメージしたフロアでは、4月からの本格展開に向けBAL BRANC VRAIディレクターに就任した安藤 ももの監修により、京都発の新たな自主編成フロアとして始動する。3ブランドが加わり本格始動する京都 BALの”BLANC VRAI”で、あなたのお気に入りアイテムを見つけてみてはいかが。

■KYOTO BAL POP-UP SPACE ”BLANC VRAI”

2021年4月16日(金)本格展開をスタート / 京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 TEL 075-223-0501 / 11:00~20:00 不定休

https://www.bal-bldg.com/kyoto/ / https://www.instagram.com/kyoto_bal/