”現代のピエール・ジャンヌレ”を体現するプロジェクト「TEAK DAYS」が始動 国内最大級のピエール・ジャンヌレのコレクションをGINZA SIXを始めとする各ポップアップストアにて発売

インド北部のパンジャーブ州にある工房と、その職人の手仕事を受け継ぐプロジェクト「TEAK DAYS(チークデイズ)」が始動。Pierre Jeanneret(ピエール・ジャンヌレ)がチャンディーガル都市計画のためにデザインした家具シリーズを、当時の規格のまま再生産し、GINZA SIXを始めとする各ポップアップストアにて発売。またプロジェクトの一環として、利益の一部はチャンディーガル都市保全のために寄付される。インドのパンジャーブ州にある工房では、当時ジャンヌレの家具を手掛けていた職人たちの末裔がその技術を引き継ぎ、1950年代に用いられたものと同じチーク材、製造技術、製造基準で家具が作られている。「TEAK DAYS」はそうした”古き良き時代”の技術が受け継がれた工房と、東京に拠点を置くS&T株式会社が手を組み、現地の職人と地域へ還元する共同事業として立ち上がった。プロジェクトの始動に合わせ、米国在住のフォトグラファーKoki Satoが撮り下ろしたヴィジュアルを公開。大自然に佇むプロダクトに、普遍的なデザインの美が映し出されており、チャンディーガルの地を広く知らしめたデザインを称えるとともに、ヴィジュアルプレゼンテーションを通じて”現代のピエール・ジャンヌレ”を体現している。4月1日から27日までの間、「TEAK DAYS」のポップアップストアをGINZA SIXにて開催中。Vレッグと籐編みが象徴的なオフィスチェアやアームチェアの他、スツール、テーブル、ベンチなど、国内最大級の品揃えから受注が可能となっており、TEAK DAYS公式サイトからも受注販売を受け付けている。”現代のピエール・ジャンヌレ”を体現するプロジェクト「TEAK DAYS」で、職人の巧みな技術を体感してみてはいかが。

Photo by Koki Sato

EASY CHAIR ¥340,000(+tax)

OFFICE CHAIR ¥320,000(+tax)

KANGAROO CHAIR ¥520,000(+tax)

CROSS ARM CHAIR ¥330,000(+tax)

KANGAROO BENCH 2 SEATER ¥680,000(+tax)

ROUND STOOL ¥240,000(+tax)

BENCH ¥390,000(+tax)

CENTER GLASS TOP ¥420,000(+tax) Product Photo by Ko Tsuchiya

 

■TEAK DAYS POP UP STORE

2021年4月1日(木)~27日(火)GINZA SIX  4階 イベントスペース(東京都中央区銀座6丁目10-1) TEL 03-6891-3390(受付時間 10:30~20:30) 10:30~20:00(※状況により変更になる場合があります)

2021年5月上旬予定:順理庵 六本木ヒルズ店(東京都港区六本木6-10-3 六本木ヒルズ ウエストウォーク3F ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店内) TEL 03-5772-5501 11:00~21:00 / ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(東京都港区六本木6-10-3 六本木ヒルズ ウェストウォーク 2・3F) TEL 03-5772-5501 11:00~21:00 ※営業時間は状況により変更になる場合があります

常設展示・受注販売:CABaN MARUNOUCHI(東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル1F) TEL 03-3286-5105 11:00~20:00(※状況により変更になる場合があります)

https://www.teakdays.com/