LGBT向けのカルチャーメディア”GENXY”との共同プロジェクト!東京発のCBDブランド『ピーク』が第一弾「PEAQ アロマ」を発売 現代人に”自分をケアする習慣”を

現代人に”自分をケアする習慣”を。LGBT向けのカルチャーメディア”GENXY”と、CBDメーカーの株式会社ドロームによる共同プロジェクトである東京発のCBD入りブランド『PEAQ(ピーク)』は、第一弾としてCBDを吸って楽しむ「PEAQ アロマ」を、3月23日より、公式サイトにて発売中。コロナ禍をうけて、メンタルヘルス(心の健康)に人々の関心が集まっている。これまでの「体だけ健康であればいい」という考えから「心と体、その両方が大事だよね」という価値観に変化しているから。PEAQでは、すべての人が「自分をケアする習慣」を身につけることが、心と体の健康につながると考えている。たとえば、ゆったりと読書や音楽を楽しんだり、瞑想、サウナで整えたり、アロマ、キャンドルを焚いてリラックスしたり、人によってはセックスで充実感を得たり。そんな良い習慣の中に取りいれてほしいのが、手軽に深いリラクゼーションが楽しめる『PEAQ』。1日の終わりに吸うだけで、ふんわりと心地よいリラックスタイムを作ってくれる。CBD(シービーディー)とは、大麻草から取れるリラックス成分のこと。はじめて聞くと少し危険な香りがしますが、大麻草に含まれるハイの成分(THC)を取り除いた「CBD単体」を使うことは日本で全く問題ない。CBDは深いリラクゼーションが楽しめるとして、ここ数年で爆発的人気に。欧米では「飲むメディテーション(瞑想)」と呼ばれるなど、ミレニアル世代を中心に人気を集めている。『PEAQ』では、安全で高品質なCBD「CBDアイソレート」のみを使用。そのほか、糖質、砂糖、カフェインを一切含まないため、夜でも安心して使用することができる。「PEAQ アロマ」は、CBDを蒸気にして吸う”蒸気式”を採用。この蒸気式”は、口から取り入れる”経口式”や、オイルを舌にたらす”舌下式”などの一般的な摂取方法の中でも吸収率が高く、即効性のある摂取方法として注目されている。CBDを感じるまでの時間は吸ってからわずか数分、持続時間は2~4時間となっており、夜のリラックスタイムに楽しむ用としては最適。ユニークなアロマで「癒しの世界」へ。アロマ(味)は、家にいながら、まるで南国バカンス気分を味わえる、趣味と楽しむ「バカンス」、上質な睡眠には、おやすみ前の1時間が大事。CBDが快適なおやすみタイムをサポートし、心と体が休まる夢の世界へ誘う「スリープ」、森林浴のような深いリラックスタイムを味わう、ヨガや瞑想の前にもおすすめの「エスケープ」、タブー視されがちな”性”だが、人間がもつ根源的な欲求であり人生のよろこびの一つ。不安や緊張、あらゆる社会的な縛りから解放されたポジティブなセックスライフをサポートする「プレジャー」の「4つの良い習慣」をイメージしたユニークな4種類。本体パッケージを”本型”にすることで、捨てずにそのまま収納ケースとして使用可能。商品デザインは、PEAQディレクターでイラストレーターでもある上地牧人が担当している。使い方はとてもかんたん。好きなアロマを本体にセットして、あとはゆっくり吸うだけでOK(1日10~20回が目安)。また、せっかくのリラックスタイムなので、PCやスマホなど、デジタルの誘惑から離れよう!デジタル全盛の時代だからこそ、「PEAQ アロマ」で夜のリラックスタイムを楽しんでみてはいかが。

PEAQ アロマ(バカンス) 1.5ml×2個入 CBD5% ¥1,980(税込)

PEAQ アロマ(スリープ) 1.5ml×2個入 CBD5% ¥1,980(税込)

PEAQ アロマ(エスケープ) 1.5ml×2個入 CBD10% ¥2,480(税込)

PEAQ アロマ(プレジャー) 1.5ml×2個入 CBD10% ¥2,480(税込)

PEAQ アロマ(本体) USB充電式 ¥5,980(税込)

■PEAQ アロマ

2021年3月23日(火)公式サイトにて発売

https://www.peaq.tokyo/