TOD’Sより「シリコンバレー ノーコード ライフ」と題するフォトエッセイが書店にて発売 トッズ ノーコードが写真を愛する人々に向けて発信する洞察に満ちたプロジェクト

TOD’S(トッズ)より、「シリコンバレー ノーコード ライフ」(リッツォーリ社)と題するフォトエッセイが、一般書店(洋書取扱店)にて3月23日より発売された。「シリコンバレー ノーコード ライフ」は、トッズ ノーコードが写真を愛する人々に向けて発信する洞察に満ちたプロジェクト。トッズ ノーコードは 2018年11月に誕生したクリエイティブかつ文化的なプロジェクトで、現代に起きる社会の変化を解釈し、そのトピックへの考えやアイディアを提示し、その時機に適した製品へとタイムリーに変換。これまでに4モデルのフットウェア以外にも、四輪駆動車のデザインやフォーリサローネでの展示などにも取り組んできた。今回、イラン系アメリカ人写真家のラマク・ファゼルに依頼し、実際の地名としては存在しない場所「シリコンバレー」の実像を探るプロジェクトを2019年末より行った。奇しくもパンデミック前夜の取材旅行となり、その後シリコンバレーは大きな変化を迎えることとなる。その転換期前の貴重な姿を捉え、後世にも大きな意味を残すであろう一冊となった。このプロジェクトの発端はディエゴ・デッラ・ヴァッレによる一つの疑問「シリコンバレーは我々のことを全て把握しているのに、我々はシリコンバレーのことを何も知らない」という疑念から生まれた。一般的に抱かれているイメージとは異なる真のシリコンバレーの生活・姿をラマク・ファゼルはフィルムに焼き付けた。一般書店にて発売された「シリコンバレー ノーコード ライフ」で、TOD’Sの世界観を感じてみては。

■TOD’S「シリコンバレー ノーコード ライフ」

2021年3月23日(火)発売

www.tods.com