rag & boneが2021年春夏コレクションのキャンペーン「TIMES CHANGE」を公開 イメージビジュアル&ショートフィルムにダンサーのリル・バッグと島津 藍がカップルとして登場

rag & bone(ラグ & ボーン)は、2021年春夏コレクションを、ダイナミックなイメージとショートフィルムによって映し出した最新キャンペーン「TIMES CHANGE」を、3月1日より、ブランドのソーシャルチャンネル、ウェブサイト、ストアにて公開中。ショートフィルムでは、ダンサーのLil’ Buck(リル・バッグ)が振付をし、彼の妻であるAi Shimatsu(島津 藍)も出演している。「TIMES CHANGE」は、1組のカップルがニューヨークのアパートメントで目を覚まして、出かける支度をするありふれた日常のストーリーから始まる。いつものように歯を磨き、コーヒーを飲んで、仕事用のスーツに着替える。このカップルが送り続けてきた日常は変化し、以前のような服装に着替えることは二度となくなるかもしれない。「TIMES CHANGE」は、時を刻むメトロノームや回り続けるミッドセンチュリー風の時計に囲まれて、毎日を過ごすニューヨークのカップルたちが夢見るストーリー。彼らは、朝起きて、身支度をし、ベッドに入ることを繰り返す無限のループに行き詰まりを感じており、永遠に続くかと思われるような代わり映えのしない日々から抜け出すことを熱望している。実際には、たとえ逃避できたとしても退屈な日常は変化しない。Lil’ BuckとAiは隔離された単調な日々の中に、それを覆す楽しみを見出している。全ての条件が変わらない中で、科学的な実験を繰り返しながら、何を変化させられるのか見極めようとしている。フィルムでは、彼らが着替える様子を映し、BuckとAiのダンスの特徴的な動きが目立つ流れるような動作を捉えながら、次々とルックを着替えている。白いシャツの上に羽織ったブラックのテイラードスーツを脱ぎ捨てると、新しい日常に合う快適で動きやすく、カラフルでタイムレスなワードローブが現れる。Austin Peters(オースティン・ピーターズ)による「TIMES CHANGE」は、rag & boneがクリエイティブで才能豊かな人物とのコラボレーションに取り組み続けている姿勢を反映。35mmのティーザーフィルムは、日常のストーリーを映し出しながら、rag & boneのシグネチャーであるクラシックなテイラーリング、心地よいニットウェア、フェミニンとマスキュリンが融合したシルエット、ミックス&マッチがしやすく手に取りやすいワードローブを紹介している。rag & boneの2021年春夏コレクションの最新キャンペーン「TIMES CHANGE」で、何気ない日常の楽しみを見つけてみてはいかが。

■rag & bone 2021年春夏コレクション「TIMES CHANGE」

2021年3月1日(月)よりブランドのソーシャルチャンネル、ウェブサイト、ストアにて公開中

www.rag-bone.com