HERON PRESTONが21年春夏コレクション「K.I.S.S.(Keep It Simple, Stupid)」キャンペーンを公開 独自のアイデンティティをシンプル、かつ進化させ、基本に立ち返える

HERON PRESTON(ヘロン・プレストン)は、2021年春夏コレクション「K.I.S.S.(Keep It Simple, Stupid)」キャンペーンを公開。2017 年にブランドを立ち上げて以来、プレストンが磨き上げてきた独自のアイデンティティをシンプルにし、かつ進化させ、基本に立ち返ったコレクションとなった。世界的に不安の高まる現代の状況下の中で、COVID-19によって提示された課題に対し、プレストンは、今回のコレクションを可能な限り合理化し、余分なものを取り除き、ブランドのDNAを再解釈したいと考えた。プレストンがブルックリンで活動し、彼のデザインチームがミラノで活動している間、ブランドの本質がワークウェア、サスティナブル、モチーフ(今シーズンから大幅に簡略化している)の3つの要素から構成されていることを再認識。生デニムのジャケットとジーンズ、一貫してゆったりとしたシルエットのパンツ、パッドやポケットを装備したパーカー、パッチワークデニム、リラックスシルエットのテーラリング、三角形のオープンバックでカッティングされたクラシックなシャツなどを中心に展開。ニュートラルな色やモノトーンのカラーパレットに加え、ウォッシュ加工とオーバーダイを施したパープルが、D-I-Yの雰囲気を作り出している。メンズコレクションでは、アメジスト色のニットパーカーや足首に生地がたっぷりと溜まるほどのレングスがあるラベンダー染めのワイドレッグパンツがキーアイテム。一方、ウィメンズコレクションは、パープルのデニムジャケットにナチュラルカラーを組み合わせたルックやプラムカラーのナイロンブレザーが特徴的となっている。アクセサリーはシグネチャーのロゴが以前より控えめになり、ブランドの柱となるアイテムを要約したキーピースがラインナップ。ドリルキットのケースや実際の現場でも使用されるアタッシュケースのようなハードな素材を表地に使用した機能的なハンドバッグ、ヒールに水準器のモチーフをフィーチャーしたレディースのフットウェア「GENTLE MONSTER」とのコラボレーションのユニセックスサングラスも登場。本コレクションは、環境への責任を念頭に置いて設計されています。本コレクションは、エネルギー効率の向上、廃棄物の削減、革新的なエコロジー素材の採用など、ブランドの取り組みを裏付けるものとなっている。フリースとジャージは、デニムに焦点を当てたコレクションと同じオーガニックコットンで作られており、従来のコットンからオーガニックコットンを選択することで、毒性のある残留農薬や合成肥料を使用せずに土壌の肥沃度を維持し、補充する農法に基づいた生産が保証されている。アクティブウェアは、抗菌技術で処理されており、コレクションの基本的な作品の多くと同様に、リサイクルナイロン糸で編まれている。ウィメンズのテーラリングの一部にはリサイクルポリエステルを使用し、ニットウェアには再生ウールが使用されている。HERON PRESTON 2021年春夏コレクション「K.I.S.S.(Keep It Simple, Stupid)」キャンペーンで、現代の状況下で楽しめるスタイルを見つけてみてはいかが。

Photography:Sirui Ma / Stylist:Max Clark / Creative Direction:Consul Co / Art Director:Suzannah Pettigrew / Make-up Artist:Bea Sweet / Hair Stylist:Issac Poleon / Manicurist:Lauren Michelle Pires / Set Designer:Louis Gibson / Movement Director:Simon Donnellon / Casting:Ikki Casting / Models:Jason, Naomy, Molly, Anna, Edge, Shaden / Production:Object & Animal

 

■HERON PRESTON 2021年春夏コレクション「K.I.S.S.(Keep It Simple, Stupid)」

www.heronpreston.com/en/JP