MICHAEL KORSがオランダ人ファッションフォトグラファーデュオによるマイケル・コース コレクション 2021年春夏広告キャンペーン「都会の中のネイチャー」を公開 モデルのレベッカ・ロンゲンダイクらを起用

MICHAEL KORS(マイケル・コース)は、オランダ人ファッションフォトグラファーデュオ、イネス・ヴァン・ラムスウィールド&ヴィノード・マタディンによるマイケル・コース コレクション 2021年春夏広告キャンペーン「URBAN NATURE(都会の中のネイチャー)」を公開。ニューヨーク・レストレーション・プロジェクトのブロンクス・コミュニティ・ガーデンを舞台に、モデルのレベッカ・ロンゲンダイクとハイアンドラ・マルティネスをモデルに起用して展開する本広告キャンペーンでは、都会のレンズを通して自然を見つめる。二人のフォトグラファーが強調するのは、緑地には人を喧騒の世界から連れ出し、しばしの静寂と物思いの時間に招き入れる力があり、大都会の中心では物事への向き合い方が緑地の存在によって一変することがある、という考え方。映像の中では、リュクスなニットウェアや手編みのアクセサリーからべっ甲柄のスパンコールに至るまで、どこを見てもリラックス感のある官能的なシルエットと職人が生み出す質感とが一体化しており、2021年春夏シーズンの焦点となるクラフツマンシップ、品質、想いの強さが強調されている。デザイナーのマイケル・コースは、「都会の中の緑地の存在と、緑地をニューヨーク市の5つの行政区のすべてにもたらそうとするニューヨーク・レストレーション・プロジェクトの取り組みは、パンデミックの渦中にある今、かつてないほど重要性を増している。私たちは皆、どこに住んでいようと自然を欲しており、春の訪れを目にする喜びはいつも人の心を元気にしてくれる。このキャンペーンでは、都市が自然と並存することの素晴らしさと、庭園が張り詰めた空気の都会から逃げ込むことのできるしばしのオアシスとなる様子に焦点を当てています。このコレクションは、私がこれまでで最も考え込んでデザインし、創り上げたコレクションの1つ。今シーズンのコレクションを、身に着ける人に確かな自信を感じさせるアイテムが満載のものにしたい。今のような時代に特に重要となるのは、汎用性と柔軟性、そして長く使えるアイテム。それを叶えてくれるのが、都会や田舎、浜辺でのリラックスした場面で役立つ服やアクセサリーです。」と話している。マイケル・コース コレクション 2021年春夏広告キャンペーン「都会の中のネイチャー」で、自然の良さを改めて感じてみてはいかが。

 

■マイケル・コース コレクション 2021年春夏広告キャンペーン「URBAN NATURE」

2021年2月よりSNS、デジタル媒体、及び屋外広告で展開するほか、一部の雑誌の春号に広告掲載

MICHAELKORS.JP