「2 モンクレール 1952」が2021年春夏コレクションを発売 ヴェロニカ・レオーニ手掛けるウィメンズ&セルジオ・ザンボン手掛けるメンズの最新コレクションが登場

2 Moncler 1952(2 モンクレール 1952) 2021年春夏コレクションを、1月14日より、一部の国内モンクレールブティックと主要セレクトショップ、オフィシャルECサイトにて発売中。Veronica Leoni(ヴェロニカ・レオーニ)が手掛けるウィメンズコレクションは、アクティブなフェミニニティと洗練さ、繊細さを融合することで、女性らしい魅力が機能性に柔らかみを加え、穏やかで明るい提案となっている。パフォーマンスウェアのコンセプトはリラックスしたボリューム感で表現され、チョークホワイトや赤みを帯びた色調をはじめ、シーフォームやセージ、テラコッタ、チョコレート、リッチベリーなど、2021年春夏は都会的且つノーティカルなシンプリシティで満たされている。均整のとれた美しいフォルムはリアリズムに基づいており、コットンロープタイやフィッシュネットメッシュ、ドローストリングなど、装飾は実用的な要素で構成され、現代の女性の生活様式に合わせたシルエットを実現。コットンキャンバスや洗いをかけたシルクのクリスピー且つマットな質感をはじめ、なめらかな光沢が、特徴的なモンクレール独自のナイロンラケなどが表面を構成し、ドロップショルダーやドローストリング、カーブしたヘムライン、バルーン状の”フォーク”スリーブが印象的なパーカーやクロップドダッフル、トレンチコートを提案している。軽やかなダイヤモンドステッチパネルが施されたポプリンシャツやジップ仕様のAラインスカート、テクニカルなフードが組み込まれたクラシックなラグランスリーブのレインコートなどでは、夏仕様のキルティングを応用。プリーツのバミューダパンツやカフ付きのキュロット、フレアパンツなどは、普遍的なアウトドアスピリットにボーイッシュなテーラード要素を加えエッジを効かせている。更なるサステナブルな未来のためにモンクレールが掲げる公約の下、2021年春夏コレクションでは、天然染料で加工された日本製のリサイクルリップストップナイロンなどを含む新しいローインパクト素材を導入。Sergio Zambon(セルジオ・ザンボン)手掛けるメンズコレクションは、フランスアルプスの高地からケープコッドの海岸に至るまで、世界中の様々な要素が溶け込んでいる。クラシカルなモンクレールから進化を遂げた実用性は、オフホワイトやトープ、淡いカーキなど柔らかなニュートラルカラーをベースに、陽気なインディアンサフランやロイヤルパープル、マラカイトグリーンが暖かみをプラス。サイケデリックなタッチと本格的なマテリアルの革新が融合する時、森や山が海と出会う場所へと導かれる。アウトドアを楽しむことを追求したこのコレクションでは、ネオヒッピーからウィークエンドハイカー、さらにはカジュアルなガーデナーの原型をハイブリッドしたスタイルを体現。洗練されたカーゴシルエットをベースに、ドローストリングが特徴のバミューダショーツやフレアな”パラッツォチノ”、そしてアウターウェアには山に咲く花々のブロックプリントや写実的なアルプスの写真のプリント、モンクレール誕生の地、モネスティエ・ドゥ・クレルモンの地理や高度座標を表現している。”As You Wish, Jellyfish”や”What’s Cooking, Good Looking?”などの韻を踏んだ格言をはじめ、スウェットシャツに描かれたコミックに登場する生き物は、クラシックなユーモアを表現。”Maintain Serenity With Strength And Purpose”や“Promoting Access”などの楽観的なマントラは、コレクションのリフレクティブなムードをさらに高めている。2 Moncler 1952 ウィメンズ&メンズ 2021年春夏コレクションを、チェックしてみて!

2 モンクレール 1952 ウィメンズ 2021 年春夏コレクション

2 モンクレール 1952 メンズ 2021 年春夏コレクション

 

■2 Moncler 1952 2021年春夏コレクション

2021年1月14日(木)一部の国内モンクレールブティックと主要セレクトショップ、オフィシャルECサイトにて発売中

お問い合わせ:モンクレール ジャパン / TEL 0120-977-747

www.monclergenius.com