モンクレールがサステナブルな素材のみを全面に使用した「Moncler Born to Protect Jacket」を発売 暖かく守られた現実を創り出す

MONCLER(モンクレール)は、サステナブルな素材を全面に使用した「Moncler Born to Protect Jacket」を、1月11日より、国内モンクレールブティック、オフィシャルECサイトにて発売中。”Moncler Born to Protect”サステナビリティプランの一環として、サステナブルな素材のみを使用したウィメンズ、メンズ、キッズのダウンジャケットが登場。昨年10月に発表された戦略的なサステナビリティのコミットメントである”Moncler Born to Protect”を体現するこのジャケットは、循環型経済に対するモンクレールのビジョンをサポートし、計画を実行することで、暖かく守られた現実を創り出す。その構造は、サステナブルな未来のたの”Moncler Born to Protect”で示された5つの柱のうち、3つを表している。1つ目は、気候変動への取り組みみ。”Moncler Born to Protect Jacket”で使用される全ての素材はサステナブルなもの。ダウンを除き、リサイクルされたファブリックやアクセサリーを用いることで、CO₂排出量の約40%の削減を可能にする。2つ目は、サーキュラリティへの取り組み。ファブリックをはじめ、ジップやボタンなどのアクセサリーには、海洋や土壌の廃棄物から再生されたナイロンのエコニールを使用し、マテリアルの再利用にも可能な限り取り組んでいる。ラストは、フェアな取り組み。ダウンは100%DIST認証を取得しており、サプライチェーン全体で科学的なアプローチにより追跡と高いファーミング基準を確保している。食肉を目的として養殖されたガチョウのみに由来するダウンは、フードチェーンの副産物。このジャケットは、全てブラックのみで展開。サステナビリティは全ての人々に向けたものであり、あらゆる場面に順応するカラーとしてブラックを選定。表面は”Moncler Born to Protect”のロゴパッチで装飾され、内側のディテールには1960年代よりモンクレールのジャケットの裏地に登場してきたキャラクターのモンダックが描かれ、サステナブルなストーリーを語っている。サステナブルな素材の研究はパッケージにまで及んでいる。全ての紙は責任を持って管理された森林から調達されており、ショッピングバッグやギフトボックスには再生紙も使用されている。ウィメンズではスリムでプロテクティブなラインが特徴のロングジャケット”ルメネ”やコンパクトなショート丈の”テレンバ”、ヒップにかかるレングスで万能な”ガトップ”を展開。メンズジャケットでは、ボリューム感があり全身のプロテクションを実現する”ニケーズ”や、フロントポケットが特徴的な”ゲイト”、取り外し可能なフードとスリーブを備えた”ダボス”が展開され、”ゲイト”と”ルメネ”は明日のサステナビリティを担う子供たちに向けたキッズサイズで登場し、ベビーへの提案として”ハサン”が登場。サステナブルな「Moncler Born to Protect Jacket」をファミリーで着て、この冬を暖かく過ごしてみてはいかが。

WOMEN’S ¥195,000(+tax)

WOMEN’S ¥161,000(+tax)

MEN’S ¥212,000(+tax)

MEN’S ¥178,000(+tax)

MEN’S ¥178,000(+tax)

MONCLER ENFANT(キッズ、ベビー) ¥89,000~(+tax)

MONCLER ENFANT(キッズ、ベビー) ¥84,000~(+tax)

MONCLER ENFANT(キッズ、ベビー) ¥51,000(+tax)

 

■Moncler Born to Protect Jacket

2021年1月11日(月)国内モンクレールブティック、オフィシャルECサイトにて発売中

お問い合わせ:モンクレール ジャパン / TEL 0120-977-747

www.moncler.jp