ナイキのジョーダン ブランドとファセッタズムとのコラボレーションによるJordan“Why Not?”FACETASMコレクションが発売 ラッセル・ウェストブルックの最新シグネチャーシューズも登場

JORDAN WHY NOT ZERO.4 PRM PF ¥17,500(+tax)

NIKE(ナイキ)のJORDAN BRAND(ジョーダン ブランド)と、日本のファッションブランドFACETASM(ファセッタズム)とのコラボレーションによる、Jordan “Why Not?” FACETASMコレクションが、12月28日よりFACETASM公式オンラインストア、FACETASM表参道、FACETASM心斎橋にて、1月28日よりSNKRSアプリとNIKELAB MA5にて発売される。ラッセル・ウェストブルックの最新シグネチャーシューズJordan “Why Not?” Zer0.4も登場した。Jordan “Why Not?” Zer0.4に採用されているカラーの一つは、FACETASMとウェストブルックのコラボレーションアパレルコレクションとも連動している。ソール部分には、プレー中の反発性とクッション性を高めるために、ズーム エア バッグが二重に用いられている。「私のシューズをデザインするときには、自分がどういう人間であるかをしっかりと表現します。このシューズとこのコレクションの気に入っている点は、いろいろな素材を使っていながら、シューズの機能性をしっかりと優先させていることです。」とラッセル・ウェストブルックはコメント。ジョーダンブランドの一員でもあるラッセル・ウェストブルックは、アスリートの「家族」が、いわゆる妻や子供などといった「家族」を超えて、バスケットボール、デザイン、ファッションや彼の出身地域などを含む大きなコミュニティへと広がり、それらすべてがウェストブルックのJordan “Why Not?” Zer0.4に採用されているさまざまな色合いの着想源となっている。Jordan “Why Not?” FACETASMのアパレルコレクションでは、トラックスーツ、ジャケット、フーディ、Tシャツといったジョーダンの定番スタイルにグリーンやオレンジの色が取り入れられ、腕や背中に加えたリブのディテールでFACETASMらしさを表現している。パンツにも脇にサテンのテープを入れ、ジッパー付きハンドポケットが機能性を高めている。柔らかいフレンチテリーのフーディや、グラフィックTシャツの厚手のコットンなど、すべてのガーメントの手触りにも意外性を持たせ、今回のコレクション同士の意外な組み合わせも可能にしている。コレクションの中でも重要なアイテムの一つであるライナージャケットはリバーシブルで、片側にはフリースを、もう片側には艶のあるナイロンを用いている。そして、今回のイラストが入ったクリエイティブは、スマホのアプリを使って作品を作るというユニークなスタイルを持ち、新しい世代を象徴する日本人アーティストのCOIN PARKING DELIVERY(コイン パーキング デリバリー)が担当している。JORDAN BRANDとFACETASMとのコラボレーションによる、Jordan “Why Not?” FACETASMコレクションをぜひチェックしてみて!

■Jordan “Why Not?” FACETASM コレクション

2020年12月28日(月)よりFACETASM公式オンラインストア、FACETASM表参道、FACETASM心斎橋にて発売
2021年1月28日(木)よりSNKRSアプリ、NIKELAB MA5にて発売

お問い合わせ : NIKE カスタマーサービス TEL 0120-6453-77

https://www.nike.com/jp/