ZARA HOMEが2020年秋冬シーズン、シャルロット・ゲーンズブールを起用したキャンペーン「EXPOSURE」を発表 シネマ視点からまるで夢を見ているかのような美しさ

ZARA HOME(ザラホーム)は、2020年秋冬シーズン、女優として、またシンガーソングライグーとしてアイコニックな存在であるシャルロット・ゲーンズブールを起用し、シネマ視点から夢のようなキャンペーン「EXPOSURE」を発表。ファビアン・バロンが脚本・監督を務めるショートフィルム「EXPOSURE」がこのキャンペーンの中心で今シーズンを物語る要となる。このショートフィルムは、ゲーンズブールが演じる写真家を追うストーリー。まるで何かに取り憑かれたかのように自分自身の日常を記録し、目覚めた瞬間からカメラを手に取り、自分の次のイメージを探し続ける写真家。自身のポートレートばかりを写真に収め、風吹く中や打ち寄せる波に身をさらし、何度も繰り返しながらある特定の場所を撮影し続ける。最後に彼女が見つけた出したものは、実像と被写体の境界をあいまいにし、この世界を生きていく中で、私たちは常にレンズであり被写体であるということを思い出させてくれる。ZARA HOMEの厳選された魅力的なインテリアアイテムとポルトガルのビーチ タウン、プライア・ダ・アドラガの美しい自然風景を映し出したショートフィルムはZARAHOME.COMにてみることができる。このフィルムは、自身も写真を撮ることを好むゲーンズブールが、アートを通して彼女自身のアイデンティティを見つけ出す自伝的な作品となり、過去と現在が絶えず交差している。演劇の世界と現実の境界を取り去り、観る者に何が「現実」であるのかを考えさせられる。彼女の部屋は、彼女が求めるものの証。例えば、リネンやベルベットなど温かみのある素材の寝具。リビングルームはアーティストにインスピレーションを与えるたくさんの写真や本が並ぶ素晴らしいフォトスタジオに。温もりを感じさせる新しいウッドファニチャーには、カシミアのブランケットやビンテージな雰囲気を演出する質感のオブジェが飾られ、ガラスやミラーにおぼろげに映し出される彼女の姿が、美しいモザイクのフロアに影を落とす。ホームを創りあげるのは記憶、写真、時間。インテリアのデコレーションやスタイルによって、訪れた人たちが直感的にあなたの真の姿を感じられる場所。全てのディテール、全てのカメラショットがあなたとの親密な瞬間を捉えている。ZARA HOME 2020年秋冬コレクションは、ZARAHOME.COMにて発売中。ZARA HOME 2020年秋冬コレクション&美しいキャンペーン「EXPOSURE」を、チェックしてみて。

Pictures by Fabien Baron and Maxime Poiblanc.

Film by Fabien Baron

■ZARA HOME 2020年秋冬コレクション

2020年11月10日(火)よりZARAHOME.COMにて発売中

お問い合わせ:ザラホーム カスタマーサービス / TEL 0120-914-075

https://www.zarahome.com/jp/