3.1 Phillip Limが新しい日常に向けたエッセンシャルコレクション「LIVE FREE」を発売 今を映し出す、今のためのコレクションが登場

3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップ リム)は、ブランド初となるDirect to Consumerコレクション「LIVE FREE」を、11月10日より、3.1 フィリップ リム公式サイト及び直営店にて発売中。今を映し出す、今のためのコレクション「LIVE FREE」は、美しさとエンパワーメントを念頭に置きながら、機能性とデザイン性を融合させ、新しい日常を自分らしく自由にスタイリングできるアイテムからなるコレクション。そぎ落とされ、シンプルで手に入りやすいものを求められる今のために、余計なものを取り除いた。今あなたが、自分らしく輝けるように。美しく、意図があり、エフォートレスに。今回リムは、人々がワードローブに何が必要かを考え、年中着まわせる基礎となるアイテムをコレクションで表現している。機能性を軸に、どのアイテムも”at-leisure(アットレジャー:スポーツ用のアスレジャーではなく、日常のためのアクティブウェア)”として、昼夜問わず、自由に動けるようデザインされている。フィリップ リムは、「パンデミックが始まり、ロックダウンになっている時、私は優先順位に関して再度考え始めました。その中で、エッセンシャル(必要不可欠)なものとは何か、今何を着たら自由を感じることができるのか?この『自由』を求めることは贅沢であり、人生をバランス、誠実さ、共に生きる方々との共感を持って生きることは必要不可欠なもの。なので、とにかく今求められることは今を生きること。私の希望は、この限られた中で洋服を通じ少しでも自由を感じられることを願っています。」と話している。「LIVE FREE」は、ウィメンズ・メンズコレクション共に”Drop11.10”を11月10日に展開後、新たな”Drop”はマンスリーに発売を予定している。ウィメンズ・メンズコレクションにまたがる普遍的な必需品にフォーカスを当てた”Drop11.10”。ミッドウェイトのジャージーのベーシックTシャツやリブタンクドレス、エブリデーレギンス等、現代の女性に向けたワードローブを中心に展開。メンズは、クルーネックのスウェットシャツやジョガーパンツのセットアップ。ユニセックスにできているダッフルバッグは大きさにこだわり外出先で活躍するアイテム。機能的なアウターからなる”Drop 12.15”。機能とデザインを兼ね備えたコーティングされたナイロンタフタのフード付き3層にレイヤーされたパーカー。ネーミングに遊び心を加えた、トラックパンツならぬ「Trackless」パンツやウィンドブレーカーならぬ「Win-Breaker」等、機能的でエブリデーウェアとしてとけ込むアイテムをブラックやピーコックブルーで展開。普遍的なアイテムにアットレジャーをベースに洗練した”Drop 01.15”。シームレスなクロップドタンクにカシミアカーディガンやボーイフレンドシャツ等、エブリデーに向けたアイテムをそろえたウィメンズ。またエブリデーのユニフォームとして着用できるメンズのサドルパンツやセットアップで使用できるコーチジャケットは4ウェイにストレッチを効かせたテクノツイルを採用し、日常着としてのモダンなスーツスタイルを提案している。3.1 Phillip Lim「LIVE FREE」で、日常をあなたらしく過ごすアイテムを見つけてみてはいかが。

■3.1 Phillip Lim「LIVE FREE」

www.31philliplim.com