Mulberryよりモデルのアレクサ・チャンからインスパイアされたカルト的人気を誇るアイコンバッグ「アレクサ」が新モデルとして復刻!環境への配慮を織り込んだサステナブルなデザインに刷新

来年ブランド設立50周年を迎えるMulberry(マルベリー)は、カルト的人気を誇る伝説のアイコンバッグ「アレクサ」を、新たなモデルとして復刻。11月2日より、世界各地のマルベリー店舗およびmulberry.comにて、日本では11月5日より発売。2010年に初登場したアイコニックなサッチェル型バッグのアレクサは、イギリス人モデル アレクサ・チャンの気取らない凛としたスタイルと、フロントに施したタイムレスな魅力を放つマルベリーのポストマンズロックにインスピレーションを得てデザインされた。アレクサ・チャンはかねてからマルベリーファンとして知られており、ヴィンテージのマルベリーブリーフケースを愛用し持ち歩く姿がたびたび注目されていた。そこでマルベリーのデザインチームは、彼女が愛する昔ながらのフォーマルなシェイプをカジュアルなモダンテイストのバッグにデザインし直し、アレクサと名付けた。こうして誕生したアレクサは、ブランドを代表するシグネチャーバッグとして瞬く間に話題となり、圧倒的な人気を得た。洗練されたスタイルの復刻版「アレクサ」には、革新的な技術を駆使して環境保護に取り組むマルベリーの企業としての姿勢が反映されている。素材には、国際環境基準団体よりゴールドの認証を受けているタンナリー(なめし工場)から調達したレザーが使用されており、英国にあるカーボンニュートラルな自社工場にて製造を行っている。このようにモダンにアップデートされたアイコンバッグの中に、持続可能性を追求した新たなラグジュアリーの形を体現したのが、エフォートレスなサッチェルスタイルの「アレクサ」。カラーバリエーションは、落ち着いたアース系のニュートラルカラー(チャコール、チェスナッツ、チョーク)に加え、クリスマスシーズンを明るく盛り上げるポップなネオンカラー(ネオンピンク、ネオンイエロー)、そしてマルベリーの定番カラー(マルベリーグリーン、ディープアンバー、ブラック)がラインナップ。また、アレクサのオリジナルコレクションと同じく、スタンダードサイズ、若々しいミニサイズ、迫力あるオーバーサイズの3サイズ展開となっている。カルト的人気を誇ったアレクサは、マルベリーがスポンサーを務める英国V&A(英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館)の展覧会「Bags:Inside Out」(11月21日より開催/チケットはV&Aの公式ウェブサイトにて発売中)にも出展が予定されており、アレクサ・チャンのプライベートコレクションからオリジナルモデルが展示され、バッグ独自の文化的ステータスと優れたクラフツマンシップを誇る「イット・バッグ」の復活を代表する作品として紹介される。カルト的人気のアイコンバッグ「アレクサ」のニューモデルとともに、マルベリーの50周年をお祝いしてはいかが。

■Mulberry「アレクサ」

2020年11月2日(月)世界各地のマルベリー店舗およびmulberry.comにて、日本では11月5日(木)より発売

jp.mulberry.com