明治創業の材木商の古民家をリノベート!現代アートと古美術、工芸が融合した一日一組限定一棟貸しの宿「MARUYO HOTEL Semba」が三重県桑名市にオープン

MIWA Holdings株式会社とGallery NAO MASAKIは、伊勢の玄関口である桑名市船馬町に「MARUYO HOTEL(マルヨホテル) Semba」を一日一組限定の宿としてオープン。「MARUYO HOTEL Semba」は、明治創業「丸与木材」の築70年超の本家をリノベート。1階には、ラウンジ、それぞれに趣の異なるツインルーム(バスルーム付)が2部屋、露天風呂。2階には、揖斐川と住吉神社を臨む広々とした大広間。伊勢の玄関口の面影を感じながら時を刻む、一日一組限定(現在は4名様まで)の一棟貸ホテルとなっている。インテリア・デザイン、アートのディレクションは名古屋で現代アート、工芸のギャラリーを15年営む正木なおが監修し、具体の堀尾貞治氏の作品や、江戸時代の杉戸絵、城所右文次のバンブーチェアなど、MARUYO HOTELは、現代アートとアンティークを融合。また三重県の著名な作家である内田鋼一氏のカップや、世界のコレクターが憧れる飯塚琅玕斎の竹籠など、今と過去、アートと工芸、古美術が絶妙なバランスで融合した、時間と空間となっている。江戸時代、東海道で唯一の海上路である「七里の渡し」のあった桑名市船馬町。また桑名は、木曽三川の重なる場所で、流通の拠点として大きく繁栄した。戦前までは米相場も置かれ、一夜にしてお大尽になる実業家が多く現れ、料亭、花街も発展し、芸者は最盛期には200人を超え、120もの数の旅籠があったとも言われている。第二次大戦で桑名は大空襲を受け、あたり一面は焼け野原となり、丸与木材の本家も消失した。戦後、資源がない中で懸命に木材をあつめ、近隣でいち早く復興の証として再建したのが現在のMARUYO HOTELとなる建物。令和になり空家となっていたこの建物をみて、引き継いだのが、丸与木材創業者の玄孫(やしゃご)となるMIWA Holdingsの代表の佐藤武司。武司は、海外からの視点で、家族と地域の歴史と文化を、そして現在と過去の繋がりを紐解くようにして、創業期から伝わる”丸与”という商号とロゴを引き継ぎ、MARUYO HOTELを誕生させた。1階のラウンジは、土壁に包まれながら読書やティータイムが楽しめる空間として、2階のダイニングルームは、語らいや食事の場として利用することができる。眼前に広がる川沿いの景色を眺めていると、過ぎし日の旅人たちの往来の風景が浮かび上がり、タイムスリップしたような感覚が。この家が建てられた当時のままの土の荒壁は、70余年もの歳月を醸し出しているよう。MARUYO HOTELの近隣にある明治時代の洋館・六華苑は、鹿鳴館を設計したことで有名なジョサイア・コンドル作。コンドルをオマージュした洋室は、漆喰の白壁と瀟洒なインテリアが居心地の良さをつくりだしている。夜空のように青みがかった黒漆喰の床の間が印象的な主寝室は、視点を庭に転じると、雪見障子越しにみえる坪庭の苔が黒塀に映え、洗面室から緩やかにつながる戸外には桧の露天風呂が。夜は月明かりに美しく照らされ、朝は爽やかな空を眺める贅沢な時間を過ごすことができる。作りたてを大切にしたシンプルな朝食は、搾りたてのオレンジジュースや、挽きたてのコーヒー、焼き立てのクロワッサンなど、桑名の素材を取り入れている。MARUYO HOTELは、片泊まり(朝食のみ付)の宿で、夕食はありません。隣接する名古屋までは車で30分なので、一つ星のフレンチ「壺中天」などのレストランでのご夕食をセットにしたプランも。歴史と伝統が息づく伊勢の玄関口、三重県桑名市船馬町に誕生した「MARUYO HOTEL Semba」で、この場所に流れる時と情景を楽しんでみてはいかが。

■MARUYO HOTEL Semba

所在地:三重県桑名市船馬町 23 / 客室数(1棟貸し 120㎡) 1~4名ご利用可

宿泊に関するお問い合わせ:TEL 090-2773-0004 / Email info@maruyohotel.com

https://www.maruyohotel.com