8年目を迎えるMICHAEL KORSの慈善活動“ウォッチ・ハンガー・ストップ”キャンペーンが実施 社員自らが広告塔となり登場 #WatchHungerStop

MICHAEL KORS(マイケル・コース)が、慈善活動“Watch Hunger Stop(ウォッチ・ハンガー・ストップ)”キャンペーンを実施。活動8年目を迎える今年は「FOOD IS LOVE – SHARE YOUR HEART」をテーマに、キャンペーンの広告塔として多様性に満ちたマイケル・コースの社員が登場した。新型コロナウィルスの感染が世界的に拡大したことをきっかけとした、人々の繋がりやコミュニティ精神に対する意識の変化を受けて、マイケル・コースは、ウォッチ・ハンガー・ストップのキャンペーン広告に自社社員を起用。ウォッチ・ハンガー・ストップとは、マイケル・コースがWFP(国連世界食糧計画)と力を合わせ、長期に渡り取り組んでいる慈善活動。このキャンペーンは昨年まで、ケイト・ハドソン、ハル・ベリー、ルピタ・ニョンゴなど、多くの有名人をアンバサダーとして起用したことで知られているが、今年は打って変わり、マイケル・コースのあらゆる分野で働く社員がキャンペーンの主役となり、ブランドの取り組みを支えるために協力することを志願してくれた社員がカメラの前に立った。フォトグラファーのメネリック・プーリエが撮影を担当し、鮮やかな色彩を背景に、アクセントとしてフルーツやベジタブルの写真を加えて完成させた映像は、Team Kors(チーム・コース)の団結力と熱意を、生き生きと心情豊かに表現している。社員たちが着用しているのは、ウォッチ・ハンガー・ストップ 2020 のためのアイテムとして発売される100%オーガニックコットン製のLOVE Tシャツと、素材の25%にRepreve®リサイクルポリエステルを使用したブルーデニムのLOVEトートバッグ。どちらのアイテムにも、特別にデザインされた赤いハート型のパッチがあしらわれている。LOVE TシャツとLOVEトートバッグは、公式オンラインストアとマイケル・ コース銀座店、表参道店、心斎橋店にて10月1日より発売。それらの売上げによる利益は、すべてWFPに寄付され、支援を必要とする子どもたちへの食糧提供に役立てられる。そして、10月1日から31日までの間、マイケル・コース銀座店、表参道店、心斎橋店にて寄付も受付しており、500円、1,500円、2,500円での寄付ができ、500円の寄付が学齢期の子供1人の1ヶ月分の食事になる。公式オンラインストアにアクセスし、直接WFPに寄付することも可能(一部の国に限定)。さらに購入した方がこれらのアイテムを着用して、#WatchHungerStopをつけてインスタグラムの個人アカウントにセルフィー、動画、リールのいずれかで投稿すると、1回の投稿につき50食がWFPに寄付され、また新しい取り組みとしてインスタグラムのフィルター機能を使用した際にも投稿1件につき50食がWFPに寄付される。LOVE TシャツとLOVEトートバッグを着て、あなたもマイケル・コースの慈善活動“ウォッチ・ハンガー・ストップ”に参加してみては。

■MICHAEL KORS “Watch Hunger Stop”

2020年10月1日(木)公式オンラインストア、マイケル・ コース銀座店、表参道店、心斎橋店にて発売 / LOVE Tシャツ ¥7,600円、LOVEトートバッグ ¥9,000(共に+tax)

10月1日(木)〜31日(土)マイケル・コース 銀座店、表参道店、心斎橋店にて500円、1,500円、2,500円の寄付受付
公式オンラインストアより直接WFPに寄付も可能(一部の国限定)

MICHAELKORS.JP