マイケル マイケル・コースとマイケル・コース メンズがフォール 2020 広告キャンペーンを発表 ベラ・ハディッドやサロモン・ディアズが登場

MICHAEL KORS(マイケル・コース)は、同ブランドが持つライン「Michael Michael Kors(マイケル マイケル・コース)」と「マイケル・コース メンズ」のフォール 2020 広告キャンペーンを発表。ロックバンドのリーダーになったベラ・ハディッドをはじめ、ルーク・ミールマン、ケンダル・ハリソン、サロモン・ディアズをモデルに迎え、写真家のミカエル・ヤンソンにより撮影された。今回の「マイケル マイケル・コース」のキャンペーンでは、ブランドのルーツであるジェットセッターに、エッジの効いたグラマラスなロックンロールのセンスを吹き込んだ。ベラ・ハディッド扮するロックスターを70年代のボヘミアン・シックの最高峰として位置付け、スターに付き従うグルーピーと共に、当時の典型的なロックスターが送る日常のすべてをカメラ目線で近距離から密着した様子。ヤンソンのレンズが捉えるのは、熱狂的なファンが歓喜する中、コンサート会場を後にして、バンド仲間と路上でくつろぐロックスター。無造作な中にもクールな魅力が失われることは一瞬たりともない。コンサートツアーの道中では、レザーキルティングのSOHO、トレンディなパッチワークを施したCARMEN、スタッズをあしらったMERCER GALLERYなど、マイケル マイケル・コースのアイコンバッグの中でも特にシックなアイテムを携えたベラ・ハディッドをとらえている。マイケル・コースは、「このキャンペーンでは、気負わないクールさ、立ち振る舞い、スターが持つオーラなど、ロックスターの魅力の究極に焦点を当てている」と述べている。ロックスターのドラマに華を添えるのは、マイケルマイケル・コース フォール 2020 のレディ・トゥ・ウェア。贅沢なフェイクファーやスエード、デニムと組み合わせたペイズリーモチーフやフラワープリントが目を引く。各パーツも同様に無造作でありつつもシック。全体として、自由な心を持った生き方を表現するスタイリングとなっている。アクセサリーは、大ぶりで存在感のあるサングラス、スエードのブーツ、パッチワークやパテントレザーでフレッシュに仕上げた高級感のあるハンドバッグなど、同シーズンの特徴であるカジュアルでグラマラスな魅力が強調される。「マイケル・コース メンズ」では、スエードのアウターウェアを纏い、スポーツリュクスストライプをあしらったMKシグネチャーのロゴアクセサリーを身に着けたサロモン・ディアズを起用し、活動的な生活に宿る洗練された魅力を表現。このメンズのキャンペーンでは、スタイリッシュかつ機能的なMKシグネチャーのバッグに焦点を絞り、常に忙しく飛び回る、マイケル・コースを着こなす男性を応援する。「マイケル マイケル・コース」にはベラ・ハディッド、「マイケル・コース メンズ」にはサロモン・ディアズが登場したフォール 2020 広告キャンペーンをぜひチェックして。

■「マイケル マイケル・コース」「マイケル・コース メンズ」フォール 2020 広告キャンペーン

https://www.michaelkors.jp/