Officine Universelle Bulyが路面店としては2店舗目となる「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー青山骨董通り店」をオープン まるで街並みを引き込んだような新たな美の神殿へようこそ

Officine Universelle Buly(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)は、日本における7店舗目、そして路面店としては2店舗目となる「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー青山骨董通り店」を、8月28日よりオープン。まるで街並みを引き込んだようなブティックは、地域に溶け込み、親しまれる存在になることを大事にしてきたビュリーの理念を体現するもの。新たなブティックが住みかとするのは1982年に建てられた煉瓦造りのビルの一角。この場所を見つけた時、ビュリーのオーナー兼アーティスティックディレクターのラムダン・トゥアミは心を弾ませ、彼が育ったフランス南西部の街モントーバンで、古くから見られる赤煉瓦造りの建物を思い起こさせるものだった。一方で、青山という街は、彼が初めて東京にやってきた1990年代から東京を訪れる度にそぞろ歩きをする中、新たな発見に出合ってきたプレイグラウンド。過去への郷愁を誘い、今の自分を刺激する、そんな青山に店舗を持つことはラムダンにとって夢だった。そして彼がこの街でワクワクしてきたように、訪れる人の胸が高鳴るお店を作りたい、そんな思いで店舗を作り、フランスと青山をつなぐ共通項である煉瓦は恰好の要素となった。築40年のビルは外壁だけでなく、街路まで煉瓦タイルが敷き詰められている特徴をそのまま店舗の内装にも生かし、街並みにカモフラージュしたように店内にも煉瓦を引き込むことで、道行く人が誘い込まれるような空間を目指し、煉瓦によって外と内とがつながっているように見えることは、空間の制約を感じさせない視覚効果ももたらしている。それに、古代の浴場を連想させる煉瓦はビュリーのアイテムを置く空間に実にしっくりくるのです。周囲の環境に溶け込むため、店の表にはビュリーの名前を出ない代わりに、ショップサインとして、ビュリーのベストセラー「ポマード・コンクレット」の巨大なサンプルが語らずしてビュリーを語る。内装には、ビュリーの根幹をなす伝統とモダニティが手を取り合うこと、手仕事とテクノロジーへの賛歌、そしてユーモアといった要素を随所にちりばめられている。中に入ると、奥に長く、床から壁まで煉瓦で包まれた空間は、店ではなく、ビルの奥へと続く通路なのかと、不思議な感覚を引き起す。そんな長い”通路”に沿って縦横無尽にディスプレイされた日本製の理化学研究用のガラス管が、訪れる人の視線を奪い、ピンボールゲームのように複雑に組み合わされたガラス管は、来客が自らがビュリーのユイル・アンティークを試すことができるよう遊び心あふれるインスタレーションとなっている。装飾性など一切不要で、実験室において何よりも機能性が求められる道具でありながらも、その造形美は日本のガラス職人の化学的知識と手仕事が結実したものであり、ビュリーが舌を巻いた現代日本のものづくり。ガラスのディスプレイと向き合うのは、クラシックを踏襲したビューティーカウンターを配した空間。フランスの家具職人が作った壁面から天井にわたるウォールナット材のウッドパネルには、真紅のベルベット生地とギリシア神話の中の水浴のシーンを連想させる石膏リリーフが張り込まれ、そこだけ18世紀フランスかと見まがう世界を作り上げている。美容には、効果効能はもちろん、自分をいつくしむ心が大切とビュリーは考え、そのためにはある種の魔法も必要。その魔法にかかる場所が、お店であってほしいという思いから、これまでもアイテムだけでなく、実体を伴う店舗という空間を同じくらい大切に作り上げてきたビュリーにつながる様々なヒントが仕掛けられた青山骨董通り店は、ある種のゲームの舞台。「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー青山骨董通り店」で、プレイヤーとなってゲームの輪を楽しんでみてはいかが。

■オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー青山骨董通り店

2020年8月28日(金)オープン / 東京都港区南青山5丁目11-5 住友南青山1F TEL 03-6712-5455 / 11:00~20:00(無休)

お問い合わせ:オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー(ビュリー ジャパン) / TEL 0120-09-1803

https://www.buly1803.com/jp/