ETROが2020/21 秋冬広告キャンペーン「WE ARE ALL ONE」を発表 フォトグラファーDario Catellaniのレンズを通して自然との調和・自然への愛の賛美を表現

FELICE NOVA NOORDHOFF

ETRO(エトロ)が、2020/21 秋冬広告キャンペーン『WE ARE ALL ONE』を発表。フォトグラファーDario Catellani(ダリオ・カテラーニ)のレンズを通して、自然との調和、そして自然への愛の賛美を表現している。今回のキャンペーンでは、私たち人間は、誰もが一人ではなく、同じ地球に自然や動物と共存しているという原則からはじまり、人間と動物が互いに主人公として、調和し、交流する様子を描いている。万物の繋がりを表現する“WE ARE ALL ONE”(私たちは皆ひとつ)、というメッセージは、ETROのカルチャーと価値の中に常に存在している。ETROが、これまで手掛けた「The Nature of Things」(1997年)、「Etropicalia」(2008年)、「Blossoming」(2010年)、「State of Nature」(2016年)、「Sky is the Limit」(2017年)、「Natura Manifesta」(2019年)などの印象的なストーリーは、この深いメッセージからインスピレーションを受けたもの。また「Animen」と名付けられた1997/98 秋冬の広告キャンペーンでは、このメッセージに焦点を当て、さまざまな動物たちが愉しく語らう情景で、この世界の精神性を表現した。ETROはこの考え方をさらに発展させて、イタリアの象徴的な動物であるオオカミを守るWWFイタリアの活動を支援する。具体的で持続可能なコミットメントは、今回のキャンペーンフォトで使用したアイテムのセレクトにも反映されている。2020/21 秋冬コレクションのアイテムに加えて、ブランドのアーカイブも登場。ETROにとってのクオリティは、廃れたり、短いサイクルで終わったりせず、また時代遅れになることもない。本物の美と同様に時を超えて受け継がれていくもの。エッセンシャルな背景の前でポーズをとるのは、創業者のGIMMO ETRO(ジンモ・エトロ)をはじめ、MARIACARLA BOSCONO(マリアカルラ・ボスコーノ)、FERNANDO CABRAL(フェルナンド・カブラル)、MATY FALL DIBA(マティ・フォール・ディバ)、EVA HERZIGOVA(エヴァ・ハーツィゴヴァ)、DAVID KAMMENOS(デヴィッド・カメノス)、FELICE NOVA NOORDHOFF(フェリーチェ・ノヴァ・ノルドホフ)、PARKER VAN NOORD(パーカー・ヴァン・ノールド)、そして小さなOLIVIA CATELLANI(オリヴィア)の9人の人間と、28匹の動物の友人たち(白鳥のマリオ、カタツムリのアニータ、アヒルのアンナとアダモ、子羊のカミッラ、カエルのリーノ、クジャクのジャンニなど)。彼らが伝えるメッセージには、互いに尊重しあう、新しい時代に向けた願いが込められている。「皆にとって地球がどれほど大切で唯一無二の母なる存在であるか、そして地球を維持して守っていくべきだということを私たちは今、かつてないほど認識しています。過去数か月間、私たちは家にいながら、自然の再生と多くの動物たちが自由に生息する様子を見てきました。このキャンペーンでは、人間も動物界の一員であることを意識した上で、動物界における調和をさまざまなイメージで表現しています。」 と、クリエイティブ・ディレクターのKean Etro(キーン・エトロ)とVeronica Etro(ヴェロニカ・エトロ)はコメント。自然との調和、自然への愛の賛美を表現した、2020/21 秋冬広告キャンペーン『WE ARE ALL ONE』で、ETROの世界観を堪能してみては。

EVA HERZIGOVA

MARIACARLA BOSCONO

MATY FALL DIBA

DAVID KAMMENOS

FERNANDO CABRAL

GIMMO ETRO

PARKER VAN NOORD

OLIVIA CATELLANI

■ETRO 2020/21 秋冬広告キャンペーン「WE ARE ALL ONE」

お問い合わせ : エトロ ジャパン TEL 03-3406-2655

www.etro.com