DIORがマリア・グラツィア・キウリによる2021年クルーズコレクションを発表 美術工芸の美しさを讃えて無観客にて開催 #DiorCruise

DIOR(ディオール)は、マリア・グラツィア・キウリによる2021年クルーズコレクションを発表。マリア・グラツィア・キウリは、コレクション発表の舞台として、自身にとって大切な地であるイタリア・プーリア州のレッチェをセレクトした。美術工芸の美しさを讃えて無観客にて行われたショーを彩るのは、アーティストのマリネッラ・セナトーレによるルミナリエ(イルミネーション)、そして、シャロン・エイアルの振付でラ・ノッテ・デラ・タランタ財団が魅せた、カタルシスを感じさせるダンスのリズム。その後ろで奏でられるパオロ・ブォンヴィーノによる音楽が、美しい儀式のようなショーへさらなる魔法をかけるかのように響きわたった。レッチェの夜の闇に映えるルミナリエが幻想的に浮かび上がり、コレクションを彩る。土地に根差したサヴォワールフェールへのささやかなオマージュとして、ディオールを象徴するシルエットはレ・コスタンティーネ財団のアトリエにて彼女たちが掲げるモットーである”Amando e Cantando(イタリア語で「愛することと歌うこと」の意)”というフレーズに卓越した匠の技で寄り添う。アーティストのピエトロ・ルッフォは、クリスチャン・ディオールが1949年に発表したアイコニックな「ミス ディオール」ドレスに共鳴し、夏の風景を想わせる小麦の穂が一面に広がる野原をイメージ。手つかずの自然が軽やかなドレスやさまざまなアイテムを飾り、ドレスに美しくあしらわれた花や蝶は、マリレーナ・スパラシによる貴重で伝統あるトンボロのエンブロイダリーで表現された。これらはいずれもプーリアの地に息づく豊かなヘリテージの象徴であり、限りなきインスピレーションの源となっている。また、コレクションの発表にあわせ、Instagram、FacebookとSnapchatでは新たなARフィルターをリリース。ディオール公式サイトでは最新コレクションのルックほか、さまざまなコンテンツを見ることができる。ディオールの2020年クルーズコレクションの世界観を、ぜひ映像でご覧ください。

ⒸTeresa Cioca

ⒸANTONIO MARIA FANTETTI / ⒸSOPHIE CARRE

 

■DIOR PRESENTS THE CRUISE 2021 COLLECTION

お問い合わせ:クリスチャン ディオール / TEL 0120-02-1947

https://www.dior.com