Saint Laurent 2023 Summer Collection シルクジャージーニットで表現される滑らかな流動性がコレクションを特徴づける

Saint Laurent(サンローラン)2023年夏ウィメンズコレクション。偉大なる舞踏家マーサ・グレアムが1930年作『Lamentation(哀歌)』で着用した、頭からつま先まで包み込むようなチューブ状のタイトなドレスは、視覚文化やファッションに大きな衝撃を与え、その影響はダンスの世界をはるかに超え、時代をも超えて波及した。それは、ムッシュ イヴ・サンローランの数々のコレクションにおいても顕著にみられた。1969年クロード・ラレンとのコラボレーションで制作したフード付きの透けたシフォンドレスや、モデルの頭を覆うファブリックがルックにカジュアルなニュアンスを与え、記憶に残るモダニティを表現した1985年春夏オートクチュールコレクション、そしてメゾン創業者による最後のショーとなった2002年秋冬オートクチュールコレクションでも、このテーマが採用された。これらの先例、なかでも1980年代半ばに発表されたムッシュのフード付き”カプッチョ”は、メゾンを象徴するキーモチーフとなった。そして2023年春夏コレクションにおいて、先シーズンの最高に洗練された細長いシルエットと融合させることを目指したクリエイティブ・ディレクター アンソニー・ヴァカレロにとって極めて重要な参考となった。シルクジャージーニットで表現される滑らかな流動性がこのコレクションを特徴づける。地面に届くほど長いドレスは上品な気安さを醸し出し、力強いショルダーラインのウールコートやレザーのボンバージャケット、トレンチコートなど、ヴァカレロが手掛けるサンローランの真骨頂であるマスキュリンなアウターウェアとのバランスが絶妙となっている。贅沢なほど落ち着いた色調はメゾンの象徴的な時代を思い起こさせ、一方で裸足の脚は徹底して筒状のシルエットに覆われている。シアーなタンクドレス、カシミヤのパンツ、パジャマにインスパイアされたサテンのルックは、このコレクション全体を通したテーマである洗練されたエフォートレスを表現しており、スカルプチュアルなウッドやゴールドのジュエリーが効果的なアクセントをプラスする。ショーの舞台はパリのエッセンスを凝縮した、映画のように壮大なスケールに仕上げられている。テラス、噴水、そして玉虫色にきらめく街の景色が、進化し続けるヴァカレロのヴィジョンの荘厳な背景となっている。