JOHN LAWRENCE SULLIVAN 2023 SPRING SUMMER COLLECTION「PROGRESSION」JLSらしいデザイン精神を基軸に据えながら、新しい試みに挑戦し続ける

JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョン ローレンス サリバン)2023年春夏コレクション「PROGRESSION」。テイラードに向き合うことからコレクション制作をスタートさせ、構造やディテールを更新することで進化を続けてきたJOHN LAWRENCE SULLIVANは、今シーズンもまた、JLSらしいデザイン精神を基軸に据えながら、新しい試みに挑戦し続けている。服作りにおける伝統的ルールを再考し、再構築していくことで新しいコンポジションを探るという手法から生み出されたのが、バックポケットをフロントに移動させたパンツ。より有効に成立し得る機能を追求する姿勢から、こうしたデザインへと辿り着いている。左右の見頃が非対称になっているテイラードジャケットもまた、同様の考え方から作られたアイテムの一つ。そこから派生して、フロントパネルを前後左右にリピートさせたシャツも登場。ボタンの留め方次第で着方を多様にアレンジすることができ、大胆な動きを紡ぎ出すことも可能となっている。多くのエクストリームなシルエットも見られ、ニットスリーヴを取り付けたテイラードジャケットには、極太のトラウザーをスタイリングすることで、上半身をよりシャープな表情へと誘う。ウィメンズのダブルブレストジャケットは、4つボタンにしフラップポケットの位置を引き上げることにより、ウエスト位置を高く保つように設定されており、極端に短くクロップドさせたボンバージャケットにも、同様の効果を狙ったデザイン意図が潜んでいる。デニムジャケットを凝視することから生まれたビスチェやコルセットは、そうしたスタイリングをさらに強調させる役割を担っている。ちぎった写真をステッチングでコラージュしていき、人の顔を再構築していく作品で有名なドイツ人ヴィジュアルアーティストのアネグレット・ソルタウからインスパイアされたアイテムも今シーズンを代表するもの。ヴィンテージウェアにも見られるようなパッチワーク仕様のレザーセットアップやライダースジャケット、オパール加工でひび割れを表現したカットソー、スパイダーウェブのニットなど、ソルタウが放つ狂気的な感覚もが練り込まれたピースへと昇華されている。その他にも、逆五芒星をあしらったタンクトップ、クロス柄を潜ませたシャツやクロップドトップなど、独自のフェティシズムを存分に感じることができるアイテムも随所に登場する。シーズン毎に改良を加えている既存のデニムから、完全な新作デニムまで、ブランドを代表するデニムアイテムは今後、ブランドヘリテージとしてシリーズ化されていく。前述の新作のほか、振付家アクラム・カーンが穿いていたパンツからインスパイアされ、約7〜8年前にリリースしたバギーパンツも、生地分量を誇張することでより理想のバランスへとより近付けて再登場。