Sportmax Resort 2023 Collection「ヴィクトリアン サイケデリア」正反対にある魂の爆発は、時代を先取るショート回路のように、一瞬でその場を新しいものへと染める

Sportmax(スポーツマックス)2023年リゾートコレクション「ヴィクトリアン サイケデリア」。ヴィクトリア朝時代のドレスの詩的な厳格さと、サイケデリックな文化がもたらす感覚の変化の掛け合わせは、スポーツマックスのミューズであるPJ ハーヴェイの創造的反逆を定義する。本コレクションの核となるコントラストの閃きで綴られた物語は、ハイパーコンテンポラリーで大胆なエートス(精神)によって活気づけられた。ファッションは出会いと衝突により発展し、そこから変化が生まれる。正反対にある魂の爆発は、時代を先取るショート回路のように、一瞬でその場を新しいものへと染める。19世紀ヴィクトリア女王時代の厳格な英国は、モノクロームのトーンで書かれた言語と、様々な色調の白と混ざり合う黒の出会いを通じて語られている。落ち着いたハイカラーは小さなラッフルで和らぎ、肘上のブレスレットによりパフスリーブは強調され、スカートは空想的に大きな輪を描く。60年代や70年代のサイケデリアは、エネルギッシュな色彩、幻惑的なパターン、身体の曲線をなぞるカーブしたラインが万華鏡のように広がり、紡がれた言葉を歪んだグラフィックの配列へと変えてしまう。意識はそのような心の変化から、自分自身の知覚を増幅させるように拡大する。ポップなグラフィックはファッションへと変換され、オーバーサイズでボリューミーなジャカードニットは身体を包み込み、フレアやスリットで驚きを与えている。異なる文化的要素の海を航海することが出来る絶対的なsperimentatrice(実験者)であるPJ ハーヴェイという存在により、美しい不協和音は強まっている。イギリスのシンガーでもありミュージシャンでもあるPJ ハーヴェイは、自由や強さを求め、異議を唱えることを恐れない、枠に囚われない女性。挑発は決してそれ自体が目的ではなく、知識や自己認識の手段というムード。そんな彼女を意識し、肩が強調されたトラウザースーツを素肌に纏い、シルエットを強調するベルトでウエストを絞っている。スポーツマックスにとってコントラストは生命線であり、不協和音によってのみ実現されるクリエイティブな緊張が、フェミニンなスピリットの複雑な全体像に力をもたらしている。それは、新しいスタイルを生み出す導火線となっている。

■Sportmax