RALPH LAUREN FALL/WINTER 2022 COLLECTION 洗練されたブラックとホワイトのカラーパレットを探究しつつ、ポップなレッドによりロマンチックな彩りをプラス

RALPH LAUREN(ラルフ ローレン)2022年秋冬コレクション。大胆でありながら洗練された、黒と白のカラーパレットを探究しつつ、ポップなレッドによってそこにロマンチックな彩りをプラス。同シーズンのウィメンズコレクションとメンズ パープル レーベルを通じてパーソナルスタイルの魅力をアピールしているが、そこでは、ディテールこそが自己表現の最も大切な形となる。ウィメンズコレクションは、現代女性がデイタイムからイブニングまでを快適に過ごすための洗練されたラグジュアリーを表現している。アップデートされたスポーツウェアは存在感たっぷりに、クラシックなスーツは滑らかなラインと構築的なテーラリングが特徴的。メンズウェアにインスパイアされたピンストライプや千鳥格子、タータンチェックなどのパターンを思い切りフェミニンなトップスと組み合わせることで、ラルフ ローレンが得意とするミックステイストなスタイルが完成する。イブニングウェアは、どれも個性的で、ラルフ ローレンが愛してやまないこの街の洗練を表現し、永遠のエレガンスを映し出している。新しい形のカクテルドレスとイブニングドレスでは、手の込んだビーズやスパンコール、レースのディテールがエキセントリックな魅力を放つ。コレクションは、季節のエッセンスを引き立たせるさまざまなアクセサリーで彩られている。”ウェリントン”のハンドバッグは、ラグジュアリーなアリゲーターにゴールドの金具をあしらった最新作のドクターバッグをはじめ、シーズンごとの装いを凝らした新作が登場。イブニングには、ベルベットとカーフスキンに刺繍を施したデコフレームバッグがニュースタイルとして発表された。”RL50”バッグも随所に姿を見せているが、アイコンである”リッキーバッグ”は美しいベルベットにレザーのディテールとゴールドのモノグラムステッチを施したクラッチバッグも登場。レディトゥウェアの延⾧線上であるフットウェアはブラックとホワイトのツートンカラーのスペクテーターシューズ、ピンストライプやベルベットのフェミニンなパンプスやサンダル、ポップなレッドのアクセントが効いたクラシックなヒールのあるライディングブーツやチェルシーブーツなどが登場。アールデコ調のジュエリーはセーターのノルディック柄からインスピレーションを得たものをクリスタルで表現し、華やかさをプラスしている。 メンズ パープル レーベルもコレクションと同様、ブラックとホワイトを基調とした洗練されたデザインのレディトゥウェアを展開している。全体として際立っているのは、メンズウェアの伝統的な柄であるグレンチェックやピンストライプだが、フレッシュな柄と柄の組み合わせやグラフィックなディテールによって、新しいスタイルに仕上がっている。ニットウェアとアウターウェアは、肌触りの良いノルディックセーター、シアリングのポロコート、赤いウールのキャバルリーライディングコートなど、いずれも寒い季節のゴージャスな着こなしを強く印象づけるアイテムとなっている。