Maison Kitsuné Fall/Winter 2022 Collection「PROPORTION AT PLAY」パリと東京の2つの都市のマナーや感性、スタイルなどのエッセンスを切り取り、シルエットに基づいたアプローチで解釈

Maison Kitsuné(メゾン キツネ)2022-23年秋冬コレクション「PROPORTION AT PLAY」。メゾン キツネの新しいコレクションでは、2つの都市のマナーや感性、スタイルなどのエッセンスを切り取っている。メゾン キツネの核となるパリと東京の関係性や互いに与える影響を、2022-23年秋冬コレクションではシルエットに基づいたアプローチで解釈されている。クリエイティブ・ディレクターのマーカス・クレイトンが生み出したこの最新のワードローブは、洗練されたボリューム感をデイリーに着こなすことを提案している。ブランドのDNAを受け継ぎ、日本のストリートスタイルとフランスのエスプリが、素材と表情豊かなスタイリングで融合。シェアして着用できるユニセックスアイテムのパーカーやボンバージャケット、カーゴパンツなどの実用的なアウターウェア。細部までこだわったデザインが機能的で洗練された印象を作り出す。オーバーサイズのトップスはプロポーションのアップデートを提案し、ファンネルネックやジッパーパンツはシルエットに変化を与えている。メゾン キツネは、独特のエフォートレスな着こなしを再考し続けている。パファージャケットとプリーツスカートのモノクロの組み合わせや、キルティングとテーラリングのアイテムに見られる赤を基調としたクラシックなチェックなど、トータルルックがキーステイトメントとなっており、レイヤードすることで、よりスポーティな着こなしに。日本製デニムやテクニカルリップストップ、ナイロン、高密度ニット、フリース、最新のフェイクレザーなどの素材により、質感の多様性と多才さをバランスよく組み合わせている。素朴なキャメルとコントラストの強いブラック・アンド・ホワイトに、ビビッドグリーン、ディープバーガンディ、プライマリーピンクがアクセントを添えている。幅広い人々が着用できるようデザインされたアクセサリーも、今シーズンは強い存在感を示している。ナイロンとフェイクレザーの新しいキルトバッグに加え、「Camo Fox」のプリントを用いたEastpakカプセルコレクションではバックパックとメッセンジャーバッグを展開。このコレクションは、ある場所から別の場所へ、そしてその間にあるすべての場所へ、インスピレーションを与える往復旅行のように響き渡る。

■Maison Kitsuné

WWW.MAISONKITSUNE.COM