Acne Studios 2022 Women's Fall/Winter Collection 何が完成されていて何が洗練されているかという探究

Acne Studios(アクネ ストゥディオズ)2022年秋冬ウィメンズコレクション。エモーショナルなパッチワーク、エレメンタルマテリアルとクラフト。自己表現としてのパッチワークとリペア、四六時中ドレスアップしている状態。未加工のステッチングとむき出しになったパッドの美しさ、何が完成されていて何が洗練されているかという我々の探究。裁断、縫い直し、エイジング。着古した、あるいは傷んだファブリックには、グランドクチュールのジェスチャーが内在している一方、対照的なテクスチャーは、複雑なキャラクターを明らかにする。今シーズンは、フロアまであるペーパーバッグのスカート、クリスタルで補修したディストレスニット、キルティングの張りぼてコート、フリンジ付きのスカーフドレス、デニムやニットをパッチワークしたビスチェトップのボールガウンがキーピースとなっている。意識的にハンドメイドで製作した。アップサイクルデニムとレザーのパッチワーク、ディストレストジャージー、コットンニット、シルバーのハンドペイントレザー、シルククレープ、椅子張りジャガード、中綿などの素材を用いている。キルティングコートの縫い目には中綿がむき出しになり、Tシャツの袖はホック式に取り付けている。ディテールを削ぎ落としたオーバーサイズのテーラリングは、しばしば裏返しになり、ジャージーのドレープドレスは結び目から肌が見える構造となっている。スラウチーデニムパッチワークトートバッグ、スーパーフラットなレディライクトップハンドルバッグ、またシルバーウェアの留め具付き3Dオーバルサイドバッグ、シルバーレザーの「Musubi mini」などのバッグがラインナップする。アクセサリーには、クリスタルで補修したロングスリーブのニットグローブ、家庭用の銀食器のようなブローチやベルトバックル、逆さシルエットの未来的なサングラスが登場。ショースペースに使用されたサロンをイメージしたシートを覆うフェイクファーは、今後のコレクションで再利用されるほか、パリのファッションスクール「ストゥディオ・ベルソー」に寄贈される。