ERMANNO SCERVINO 2022-23 A/W Collection クチュールの希少性、高貴さ、そしてスポーツの世界との対話

ERMANNO SCERVINO(エルマンノ シェルヴィーノ)2022-23年秋冬コレクション。シェルヴィーノが讃える美は、今から、ここから、現在に定着する。ノスタルジーではない。今シーズンは、クチュールの希少性、高貴さ、そしてスポーツの世界との対話から生まれた。この一見、相反する2つの要素の衝突、そしてマスキュリンとフェミニンのフォルムを常に比較することから、垣根やルールを徐々に取り払い、フェミニンな体に合わせ素材を変化させている。今シーズンは、レザーのシースドレス、ベルベットやレースのショートドレスに、オーバーサイズのコートやダウンジャケットで身を包み、シャーリングジャケットやシェニール刺繍の輝きで演出され、ハイヒールや柔らかい素材の厚底ブーツの大きなソールでひときわ輝く。ベルベットのダブルのスーツは、グラフィックなシルエットを描き、スパンコールがキラキラと輝くロングドレスやレザーのペチコートで官能的な雰囲気を醸し出している。レースはレザーに刻まれ、ビスチェやブラジャーはマスキュリンなスーツに合わせ、オーバーサイズのパーカの下にドレスを着るなど、相反するものの緊張感が、紛れもないスタイルの特徴として繰り返されている。シルク、レース、ウール、レザーが混ざり合い、ニュートラルカラー、ブラック、ホワイトのパレットにペリウィンクル、ターコイズ、グリーン、ピンクの明るい色調がアクセントになっていることで、対極の対話に一貫性が生まれ、その結果、調和のとれた緊張感に満ちた美の概念が生まれている。エルマンノ シェルヴィーノは、どんな状況でも、その時々の流行にとらわれることなく、絶え間なく美にこだわり、讃えている。数式に当てはめるのではなく、美そのものの表現する精巧なワークマンシップへの探求と、毎回新しいハーモニーを生み出すコントラストの可能性。なぜなら、美は絶対的なものであり、時代とともに進化していくから。