EZUMi 2022 A/W Collection「Untitled:9484」建築家レム・コールハースのコンセプト、デザイン、ブック、グラフィックからインスパイア

EZUMi(エズミ)2022年秋冬コレクション「Untitled:9484」。建築家レム・コールハースのコンセプト、デザイン、ブック、グラフィックからインスパイアされ、その中でも特に”Situation and Solution”と”Volume control”の2つのテーマを掘り下げた。1つ目のSituation and Solutionは、ボルドー家。車椅子で生活する施主の依頼で作られた家は、部屋ごとに上下移動できるエレベーターや段差がない3階層を車いすでも移動できる設計となっている。建築構造自体が機能を活かす目的で釣り天井のデザイン。形態が機能に従うレム・コールハースの建築デザインをヒントに日常生活の特定の”状況”のために、最適な”解決(デザイン)”を服へ落とし込んでいる。2つ目のVolume controlは、CCTV 中国、シアトル中央図書館、バーティカルシティータワー。街に突如と現れる巨大建築物やダウンタウンの近代的建築は、ボリュームをコントロールし、違和感をデザインしている。服においても、シルエットやディティールのボリュームコントロールをすることによりコンテンポラリーで新たな違和感を表現している。