STUDIO SEVEN FALL-WINTER 2022 COLLECTION アウトドアな印象のアイテムを揃え、開放的でエナジー溢れるコレクションを展開

STUDIO SEVEN(スタジオ セブン)2022年秋冬コレクション。2シーズン前から引き続き、アウトドアな印象のアイテムを揃え、開放的でエナジー溢れるコレクションが誕生。ラインナップは、ダッフルコート、フリースジャケット、マウンテンパーカを始め、ネックウォーマーやサボサンダル等のアウトドアアイテムの中でもオーソドックスなものを揃えた。これらの伝来されたアイテムを丁寧に制作し、モダンでエッジの効いた要素も交え、STUDIO SEVENらしいコレクションを完成。デニムパンツやシャツは色落ち加工に施したり、ユーズド風のボーダー生地をドッキング。ポイントでオリジナルのミサンガをつける等、伝統になぞりながら、ユニークなアイディアを散りばめたアイテムを制作。グラフィックは、ビリヤードボールに「7」が描かれたグラフィック、「7」「Cross」から成る「7 Cross」のアイコン、そして、前シーズンより登場した「SEVEN NATIONAL PARK」と描かれた架空の国立公園のグラフィックはウィンターバージョンとして雪が降り積もるグラフィックで登場するなど、ユーモアとインパクトのある大胆なデザインに仕上がっている。また、オレンジやブルーなどのカラフルで華やかな色の取り入れ方は、90年代のブリットポップへのオマージュも感じられるような、パンクの要素が垣間見え、遊び心のある印象を与えている。一方、随所に花のグラフィックが使用されていたり、「eternal(永遠)」や「7, YOUR MOM, YOUR SISTER..」から綴られた「7名」の家族やペットのワードをプリントし、ハートフルで温かみのあるメッセージを込めたアイテムも登場。今回、日本のシューズブランド「ORPHIC(オルフィック)」と初めてコラボレーションしたサボサンダルにもこちらのワードが、ささやかなブランドのメッセージとして描かれている。また、OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)ともバッグを共作し、コーディネートに映える小物類を揃えた。着るひとの心に響くような、温かく、フレッシュなコレクションとなっている。

■STUDIO SEVEN

https://www.seven-official.jp/