FENDI MEN’S FALL/WINTER 2022-23 COLLECTION 古き世界のクラシックを新たな「狂騒の20年代」に押し上げメンズワードローブを再解釈

FENDI(フェンディ)2022-23年秋冬メンズコレクション。古き世界のクラシックを新たな「狂騒の20年代」に押し上げ、メンズワードローブを再解釈。破壊的でいて遊び心あるフォーマルなデザインに、昔ながらのエレガンスをプラスしテーラリングの概念を打ち破る。ブラックやクリームバーガンディ、ラズベリー、モカ、トープ、ホワイトなどのリッチで控えめな色使いが、貴重な織地や大胆なグラフィックステートメントを際立たせる。ヴィシーチェックのツイードや千鳥格子のスーツ地などの伝統的な生地や織物、サテントリムのタキシードやシルクジャカードに、リブの袖、ケーブルニットのアンサンブル、さらには新たなモノグラムとしての「オーロック(O’Lock)」チェーンモチーフが対話のように掛け合わされる。往時の男性的な洗練の象徴も取り入れて、立体的なパールとダイヤモンドのデジタルプリント、シアリングのフラワーブローチ、パールの「オーロック」チョーカーや、クリスタルの「FF」ペンダントで飾られている。 スーツ、ニットやレザーのかつてない組み合わせにより、フェンディのテーラリングのかっちりしたラインに、新たな柔らかさが加わる。ブレザーはフラットなケープへと大きく形を変え、襟の大きく開いたジャケットやニットは鎖骨を露わにし、ワイドトラウザーズは、後ろに付いたハーフスカートと一緒に揺れる。アウターウェアは、ドロップショルダーやドルマンスリーブ、シャープなラペル、くるみボタンによってクチュールのボリューム感を出し、エッチング加工を施した「オーロック」シアリング、複雑なインレー技法のシアリング、スムースなレザートリムによって、フェンディのクラフツマンシップを追及。フェンディのローマらしいエレガンスの究極の表現として、常識破りのイブニングウェアのシルエットがクロップトダブルブレストジャケット、スーパーハイウエストのフォーマルトラウザーズ、ストラップ付きの腕時計が備えられたメリージェーンブローグに反映されドレスアップを称える。ノスタルジックなフットウェアには、スカラップトリムのエナメル革「オーロック」ローファーやツートンカラーのウィングチップチェルシーブーツなどが揃い、新作のスニーカーは、ダイナミックにストレッチされた「FF」ロゴが特徴。アクセサリーコレクションは、これまでで最も構築的に形成された「ピーカブー(Peekaboo)」バッグが「ピーカブー FForty8(Peekaboo FForty8)」という名前で、しっかりとした滑らかなグレインレザー、「FF」ロゴのパネル、スエード、今シーズンのヴィシーチェックウールのかっちりしたショッパーとして登場。「バゲット(Baguette)」は「FF」ロゴデザインの大きめなソフトトランク、縮小されたエキゾチックなミニチュアチェーンバッグ、シグネチャーのメタルとプレキシガラスのトランクが揃う。さらには「オーロック」モチーフと「バゲット」デザインが、世界で初めて、暗号通貨とデジタル資産のためのデジタルハードウェアウォレットを代表する「レジャー ナノ X(LEDGER Nano X)」のためのラグジュアリーなテックアクセサリーに姿を変えた。イタリア人アーティスト、ニコ・ヴァシェラーリ(Nico Vascellari)がデザインとアートディレクションを手掛け、fendi.comリニューアル後初めてライブ配信されこのショーは 「FF」ロゴデザインで構成された鏡張りのランウェイランプで披露された。さらにはイタリア人DJ兼コンポーザーのアレッサンドロ・コルティーニ)Alessandro Cortini)がショーのためのエクスクルーシヴなライブサウンドトラックを手掛けた。