VETEMENTS 2022 A/W COLLECTION「Zurich」まったく新しい社会的・経済的現象によって定義される新時代に向け前世代のクチュールとサヴォアフェールを再定義

VETEMENTS(ヴェトモン)2022年秋冬コレクション「Zurich」。クチュリエは元々、王室や貴族を対象としていたが、20世紀初頭、石油や不動産、バターやチョコレートバーなど、あらゆる財界の重鎮たちとその家族という新しいタイプの顧客に注力するようになった。22-23年秋冬のメインコレクションでVETEMENTSは、人の人生を一夜にして変えてしまうような、まったく新しい社会的・経済的現象によって定義される新時代に向けて、前世代のクチュールとサヴォアフェールを再定義する。例えば、2010年にビットコインに投資した1000ドルが、今では8000万ドル弱の価値を持ち、それらを所有するビットコイン・ミリオネアの出現や、プライベートな瞬間をソーシャルメディアで共有し、ファンアカウントにてさらにプライベートな瞬間を公開することで、富と名声を手に入れたソーシャルメディア・ミリオネアの存在もそう。これまでTシャツやパーカーにしか使われていなかったジャージーやモルトンを、史上初の技術で完全に再現したテーラードアイテム。これらのテーラードアイテムは、スウェットの快適さを維持しながら、最高のテーラリング基準で製造されている。トラベルスーツとして身にまとい、スーツケースにも入れて、また旅に出よう。エブリデイウェアのプロポーションは、伝統的なパターンメーキングとデジタル3Dパターンによって、クチュールのシルエットに近づけられ、ステッチ、縫製、ピンチオーバーにより、ドラマチックでまったく新しい誇張されたシェイプを作り出している。Tシャツをテーラードジャケットの上に着たり、パーカーをテーラードコートの上に着たりと、逆さまのレイヤリングができるようにデザインされている。長さの調節が可能なジーンズやパンツ、ジャケットにトランスフォームできるコート、取り外し可能なパッドが付いたアウターウェアは、シルエットのボリューム調整を可能にし、さまざまな気候、環境の中でも着用可能。パフジャケットの快適さを実現したトレンチコート。Y2K時代のベロアのトラックスーツは、イブニングガウン、手袋と一体化したトップス、テイラードがきいたアイテムに変身し、モルトンの入ったベルベットのバスローブは、イブニングコートに変身。ロングスカートのドレープはドレスになる。New Rock のアイコニックなロックブーツは、巨大なプラットフォームスニーカーに生まれ変わる。マスク付きのフルボディスーツは、現実のVPNのようなもので、プライバシーが究極の贅沢である世界において、まさに完全なプライバシーを与える。オンラインでは誰もがハイテク企業に追跡されているなかで、唯一プライバシーを維持し、逃れることができる場所はオフライン。ラグジュアリーとは、もはや素材やクラフトマンシップだけで定義されるものではない。プライバシーこそが今日の真のラグジュアリーであり、だからこそ、ラグジュアリーファッションハウスがそれを反映させる必要がある。プリントは、100万ドルの紙幣、ビットコインマイニングに使われるコンピューターチップ、宝くじの当選券などを使ったオールオーバープリントやモノグラムを暗号コインや5Gのアイコンで再構築したものが登場。5G高速インターネットの時代のためのハイファッション。存在しない100万ドル札を選んだのは、富の幻想的な性質を示すためだけでなく、100万ドルが成功の新しいシンボルとなっているから。100万人のフォロワーや100万ドルを持っているということは、それだけで成功した証。ショーのセットには、100万ドル紙幣を1000枚印刷し、ファッション史上最もチープで高価なセットを作った。「10億ドルの偽物」の価値がある。このコレクションで、多くの実存的なテーマを問いかけている…。あなたの5Gによる現実への接続はどのくらい強いのか?お金は本当にあなたを幸せにするのか?そして、地球は本当に平らなのか?