GIVENCHY WOMEN’S & MEN'S FALL 2022 PRE-COLLECTION テーラリングの伝統に立ち戻り、現代的なレンズを通してブランドの原型を追求することで、ジバンシィのメッセージを揺るぎないものに

GIVENCHY(ジバンシィ)2022年プレフォールコレクションにおいて、クリエイティブ・ディレクターのマシュー・M・ウィリアムズはメゾンに伝わるテーラリングの伝統に立ち戻り、現代的なレンズを通してブランドの原型を追求することで、ジバンシィのメッセージを揺るぎないものにする。春夏ランウェイショーで見られたプロポーションとスケールに関する新たな挑戦の流れを受け、今季のコレクションは、存在感のある日常的なウィメンズ及びメンズアイテムにおいて、微妙なボリューム、象徴的なハードウェア、クラフト、革新的な技術が強調されている。「私は未来に目を向ける一方で、ジバンシィの伝統を追求することに特に注力しました。またファッションは、今を生きることの意味を映し出すときに重要性を増すのだと思っています。日常の現実とクチュールならではの精密さ、エレガンス、贅沢さとの間には、常に緊張が存在します。」とクリエイティブ・ディレクター マシュー・M・ウィリアムズはコメント。ウィメンズ及びメンズの主要テーマは、特別に開発されたハードウェア・シグネチャー。レディ・トゥ・ウェアからアクセサリーに至るまで、コレクション全体のビジュアル面での架け橋となる。同じく技術の追求を際立たせるのは、新しい“アート”デニムコレクション。ガーゼのオーバーレイや、非常に時間を要するプリント、デストロイ、ブリーチ、オーバーダイといったエフェクトが各ピースに新たな魂を吹き込む。また、レーザーで施したモノグラムやブリーチしたジャカードなど、特殊な加工がデニムに深みを与え、新たなジバンシィのシグネチャーを引き立たせる。ウィメンズのエッセンシャルアイテムのひとつである構築的なスカートは、スリムカットのフレアパンツの上にレイヤードすることで縦長のシルエットを演出。また、昼夜を問わず着られるセパレーツは、力強いショルダーラインと切りっぱなしのディテールが目を引く。ボリュームを抑えたペプラムは、フロントのファスナーがデイリーウェアを格上げ。メゾンのDNAを彷彿させるレースは、極めてシャープなテーラリングと好対照を成す。背中の開いたスターストラップ付きのドレスは、構築的でありながら軽やか。ジャージーにレザーをボンデッドしたウェアは、直接素肌に纏うようデザインされており、ジバンシィを象徴する艶やかさとウィンドブレーカーの気軽さが融合したアイテム。コレクションの中で、ジバンシィのクチュールの伝統を際立たせるのはハンドバッグ。今季の新作のメインである『Kenny』は、ソフトなレザーのドレープが特徴的な、フレッシュでスウィンギングなバッグ。『4G』は、カーフスキンやエンボスしたモノグラムによるより柔軟な構造で、これまでよりもカジュアルで日常的な印象のバッグとして登場。キャンバスにモノグラムジャカードを施した『Moon Cut Out』は、メゾンの新しい人気バッグに魅力的なテクスチャーをプラス。『Antigona』シリーズもさらに展開を広げ、エネルギッシュな『Antigona Sport』が加わる。シューズでは、アイコニックな4Gキューブチェーンがウィメンズのレザーミュール及びサンダルを飾る。フルレングスとクロップド丈のトレンチコートには、留め具にUロック・ハードウェアを採用。さらに、四角形のGエレメントと4Gのバックル及びファスナーを用いたテーラリングが、実用的な気軽さとラグジュアリーなディテールの魅力を融合させている。メンズウェアでは、隠しボタンの構築的なスーツに、取り外し可能なフード付きインナーウェアがシームレスに溶け合う。ナイロンコートやゆったりとしたトレンチコートといったアウターウェアには、ダークフィニッシュのハードウェアの留め具があしらわれる。2種類のオリジナルメンズアクセサリー『G-Zip』バムバッグとカメラバッグは、実用性と独自のアーバンスタイルが特徴。今季のフットウェアの主役『TK-360』は、全体がニット素材の革新的なスニーカーで、直接ニットの上を歩いているような感覚のテクノロジーが採用されている。最後に、ジバンシィのキャップでシルエットが完成する。

■GIVENCHY

https://www.givenchy.com/